SATA-USB 3.0変換アダプタおすすめ【ニーズに応じて10製品を比較】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Cyberplugs SATA-USB 3.0 変換アダプタ 2.5インチ HDD SSD など 専用 アクセスランプ追加 25cm
Type C SATA 変換アダプター 高速 USB3.1 Type-C SATAケーブル 外部電源不要 2.5インチ HDD / SSD対応 USB-C 5Gbps高速 Type C ケーブル New Macbook | ChromeBook | スマホなどType-Cデバイスすべて対応
Inateck SATA – USB3.0変換ケーブル 2.5インチ/3.5インチハードディスクドライブ HDD/SSD用SATA変換アダプタ 電源アダプター付
サンワサプライ SATA-USB3.0変換ケーブル 0.8m USB-CVIDE3


 PCの起動ディスクを交換する場合、OSを再インストールするより、古い方からコピーできた方が便利ですよね。そんなときに試してみたいのが、SSDやHDDを手軽にUSB接続に変えられる、SATA-USB 3.0変換アダプタです。ただ、製品はたくさんあって、似たような感じのものもあるので、選ぶ際に悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

 そこで今回は、SATA-USB 3.0変換アダプタを選ぶ際にチェックすべきポイントを解説しつつ、現在市販されている中から、おすすめの製品を紹介したいと思います。参考にしてください。

SATA-USB 3.0変換アダプタの選び方

powseed sata usb変換アダプター 22ピン SATAケーブル 2.5インチ HDD/SSD ハードドライブ 電源ケーブル USB3.0 高速 給電不要 30cm
出典:www.amazon.co.jp
 ケースなどに入っていないSSDやHDDのインターフェイスに直に接続し、そこから伸びるUSBケーブルで簡単にPCにつなぐことのできるSATA-USB 3.0変換アダプタ。シンプルな機器ですが、選ぶ際のポイントがいくつかあるので、以下にそれを見ていきます。

USB 2.0対応の製品ではなく、USB 3.0対応の製品かを確認

powseed sata usb変換アダプター 22ピン SATAケーブル 2.5インチ HDD/SSD ハードドライブ 電源ケーブル USB3.0 高速 給電不要 30cm
出典:www.amazon.co.jp
 現在市販されている変換アダプタには、速度の遅いUSB 2.0までにしか対応していない少し前のモデルもあります。基本的なことですが、製品の表示をしっかり確認して、USB 3.0対応のものを選びましょう。

 また、USB 3.0は端子が青色になっているので、そこも見分けるポイントです。

USB 3.0は5Gbps(500MB/秒)と高速
 規格上の最大転送速度は、USB 2.0は480Mbps(60MB/秒)、USB 3.0は5Gbps(500MB/秒)。実測値では、USB 2.0は34.56MB/秒、USB 3.0は156.1MB/秒というデータもあります(下図参照)。そのため、たとえば転送速度が500MB/秒のSSDを接続するには、USB 2.0では速度が足りません。SSDの速度を活かすには、USB 3.0対応の製品が必須です。

USB-CVIDE3
USB-CVIDE3
出典:www.sanwa.co.jp

2.5インチのみ対応か、3.5インチ以上にも対応(ACアダプタ付属)かで選ぶ

USB-CVIDE3
出典:www.amazon.co.jp
 SATA-USB 3.0変換アダプタを大きく分けると、2.5インチドライブにのみに対応しているものと、3.5インチと5.25インチにも対応(以下、3.5インチ以上にも対応)しているものがあります。

 前者は、変換アダプタはもちろん、2.5インチドライブもUSBからの給電で駆動させる仕様。そのため、ACアダプタは付属しません。

 後者は、変換アダプタはUSBからの給電で動きます。しかし、3.5インチ以上のドライブはUSB給電では足りずに動作が不安定になるため、製品にACアダプタが付属しています。

 ですので、接続するドライブが2.5インチだけなのか、3.5インチ以上も接続するのかということを予め確認して、どちらを購入するかを決めましょう。

3.5インチ以上にも対応の製品は、電源スイッチが付いているものが便利

USB-CVIDE3
出典:www.sanwa.co.jp
 上記のように、3.5インチ以上にも対応の製品にはACアダプタが付属しています。この場合、電源のON・OFFをコードの抜き差しで行うのはかなり面倒。なので、電源スイッチが付いているものが便利で良いですよ。

IDE機器を接続したいなら、それに対応した製品にする

USB-CVIDE5
出典:www.sanwa.co.jp
 SATA-USB 3.0変換アダプタには、古い規格であるIDEにも対応した製品があります(SATAとIDEは、上の写真のようにコネクタの形状が異なります)。ですので、IDEのドライブを接続したいなら、それに対応した製品を選ぶ必要があります。

速度を求めるなら、UASP対応の製品を選ぶ

道路
出典:www.photo-ac.com
 UASP(USB Attached SCSI Protocol)はUSBの拡張仕様のひとつで、ストレージ(SSDやHDDなど)とのデータ転送を効率化し、実行速度を高める技術です。利用するには、OSとUSB機器の両方が対応している必要があります。

 OSについては、Windowsは8以降、Macは10.8以降でサポートされています。なので、最近のPCとMacなら、対応するUSB機器を用意すれば利用可能に。ですので、UASP対応の製品にして、高速転送を体験してみるのも良いでしょう。

USBケーブルは、使い勝手を優先するなら長いものに

USB-CVIDE5
出典:www.amazon.co.jp
 USBケーブルの長さは製品によって、20cm程度や1m程度などさまざま。これは長い方が、使い勝手は良いでしょう。

 ノートPCのすぐ隣に置いて使いたいなら、逆に短い方が邪魔にならなくて良いかもしれません。

3.5インチ以上にも対応 SATA-USB 3.0変換アダプタ おすすめランキング5選

 それではここから、SATA-USB 3.0変換アダプタのおすすめ製品を、ランキング形式で発表していきたいと思います。

 まずは、3.5インチ以上のドライブにも対応している5製品を紹介して、その後に2.5インチドライブのみ対応の5製品を紹介します。

※価格は2018年5月15日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:イナテック SATA to USB3.0アダプター/UA1001

コンパクトでスタイリッシュな外観、コスパに優れた製品

Inateck SATA - USB3.0変換ケーブル コネクタ部
出典:www.amazon.co.jp
 他と比べて、とてもコンパクトな製品。ちょうど100円ライターと同じくらいのサイズ感でしょうか。そして、イナテックの特徴であるシンプルでスタイリッシュな外観が目を引きます。USBケーブルは脱着可能で、使わないときの収納に便利です。

 機能としては、SATA-USB 3.0変換アダプタとして最低限のものとなりますが、コスパに優れているので、またスタイリッシュさを理由に、この製品を選ぶのはアリではないでしょうか。

第2位:サンワサプライ SATA-USB3.0変換ケーブル 0.8m USB-CVIDE3

電源スイッチのついたシンプルな製品

SANWA SUPPLY INC USB-CVIDE3 HDDへの接続例
出典:www.amazon.co.jp
 本体についたスイッチで、電源のON・OFFを操作できます。それ以外は特筆すべき点はなく、機能としてはとてもシンプルな製品。

 ですので、付加的な機能を必要とせず、基本的な使い方で十分というユーザーに適した製品と言えるでしょう。

第3位:サンワサプライ IDE/SATA-USB3.0変換ケーブル USB-CVIDE6

SATAドライブとIDEドライブの2台を同時に接続・認識可能

SANWA SUPPLY INC USB-CVIDE6 SATA HDDとIDE HDDの接続例
出典:www.amazon.co.jp
 この製品の最大の特徴は、SATAドライブとIDEドライブの2台を同時に接続・認識できるところ。ドライブ間のデータ移行をする場合には、かなり役立つでしょう(※IDEドライブ2台の接続はサポート外)。

 また、この製品は形状的に(第4位のサンワサプライ USB-CVIDE5とは異なり)、IDEコネクタを直で5.25インチ光学ドライブに接続することができます。そして、USBケーブルが脱着できるので、しまっておく際に邪魔になりにくいでしょう。

 ただし、2台を同時接続できる機能のために、価格は少し高め…。そもそも2台を同時接続する機会がどれくらいあるかということを踏まえて、購入を検討した方が良いですね。

第4位:サンワサプライ IDE/SATA-USB3.0変換ケーブル 0.9m USB-CVIDE5

IDE延長ケーブル付属で、IDEの5.25インチ光学ドライブに接続しやすい

SANWA SUPPLY INC USB-CVIDE5 付属のIDE延長ケーブルで光学ドライブと接続した例
出典:www.amazon.co.jp
 この製品はIDEにも対応し、しかもIDE延長ケーブルが付属しています。この製品の形状では、IDEコネクタを直で5.25インチ光学ドライブに接続しようとすると、電源コネクタに干渉してしっかりとハマりません。この問題を解消するために、IDE延長ケーブルが付属しているというわけです。

 また、付属のACアダプタは4pinとSATA電源コネクタの両方があり、ケーブル途中にスイッチが付いている仕様で、汎用性が高いため、それだけで独立して使うことも可能。これだけでも、あると何かと便利そうです。

 ただし、こうした付属品のために、価格は少し高めになっています。

第5位:ユーグリーン SATA USB 3.0 変換アダプタ 2.5/3.5インチ HDD/SSD

UASP対応で、最大70%高速


出典:www.amazon.co.jp
 USBを高速化する技術、UASPモードに対応。これにより、読み込みは70%、書き込みは40%高速になっているとのこと。この速度を体験してみたいなら、選んでみたい製品です。

 ただし製品サイズが50mm×42mm×12.5mmあり、他と比較して大きいので、そこが使用する際・収納する際に気になるかもしれません。また、電源スイッチはないので、電源のオン・オフをコードの抜き差しで行う必要があります。

2.5インチのみ対応 SATA-USB 3.0変換アダプタ おすすめランキング5選

 続きまして、2.5インチドライブのみ対応の5製品を、ランキング形式で発表していきたいと思います。

 前述のように、2.5インチのみ対応の製品にはACアダプタは付属しません。また、IDE対応の製品もありません。その分、価格は抑えられています。

※価格は2018年5月15日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:ELUTENG SATA3 USB3.0 変換アダプター 2.5インチ

高純度銅芯線を採用で安定性アップ、コスパが最高

ELUTENG SATA USB 変換 アダプター ケーブルの内部
出典:www.amazon.co.jp
 ケーブルには高純度の銅芯線を採用し、3重シールド構造によってノイズを軽減させることにより、安定性が大幅にアップしたという製品。

 ただ、ケーブルは17.8cmとあまり長くはありません。それもあってか、価格はかなり抑えられているので、ドライブの交換時にだけあれば可など、使用頻度があまり高くないという人でも、比較的購入しやすいのではないでしょうか。

第2位:サイバープラグズ SATA-USB 3.0 変換アダプタ 2.5インチ専用 50cm

補助電源用のUSBコネクタ付き、ケーブル長は50cm

Cyberplugs SATA-USB 3.0 変換アダプタ 各部名称
出典:www.amazon.co.jp
 この製品の特徴は、メインのUSBコネクタのほかに、補助電源用のものも付いていること。レビューによると、メインのUSBコネクタだけでも使用は可能とのことですが、補助電源用の方も接続すれば、動作が不安定になる心配がなくなって、より安心して使用することができるでしょう。

 また、ケーブル長は、2.5インチのみ対応の製品では比較的長い50cmもあって、取り回しがしやすくなっています。

第3位:スターテック.com SATA-USB 3.1(10Gbps)変換ケーブル USB312SAT3CB

USB 3.1 Gen2(10Gbps)とUASPに対応で高速転送

スターテック.com USB312SAT3CB 全長や重さ、コネクタの説明
出典:www.amazon.co.jp
 USB 3.1 Gen2に対応し、規格上の最大転送速度は10Gbpsに達します。それだけでなく、データ転送を効率化して実行速度を高めるUASPにも対応しているので、かなりの高速転送が期待できるでしょう。速度至上主義のユーザーなら、一度は試してみたい製品ではないでしょうか。

第4位:イナテック SATA-USB 3.0 変換アダプタケーブル、2.5インチSSD /HDD用

持ち手のついたコンパクトボディ、サイドから伸びるケーブル

Inateck SATA-USB 3.0 変換アダプタケーブル HDDとの接続例
出典:www.amazon.co.jp
 とてもコンパクトなボディで、デザインされた持ち手がスタイリッシュなイナテックらしい製品。inateckのロゴの「i」の点がLEDになっているのも面白いですね。

 そして、USBケーブルがサイドから出ているので、ドライブに接続した際に邪魔になりにくいのではないでしょうか。ケーブルを巻けば鞄などに入れやすくて、持ち運びに便利そうです。

第5位:PCATEC Type-C SATA 変換アダプター 高速 USB3.1

新規格 USB Type-Cに対応

PCATEC Type-C SATA コネクタ部
出典:www.amazon.co.jp
 この製品の最大の特徴は、USB Type-Cに対応しているということ。最近のMacBookとMacBook ProはUSB Type-Cを採用しており(従来の形状〔Type-A〕はなし)、他のノートPCやスマホでも採用しているものが増えています。こうした機器に接続するなら、Type-C対応の本製品を選びましょう。コスパも良いですしね。

 ただし、USBケーブルは20cmしかないので、取り回しはしにくいかもしれません。

USB Type-C:小さくて、向きを気にせず接続できる
 USB Type-Cのコネクタは、従来のType-Aよりも小さくなっています。また、USB Type-Cは上下左右が対照の形状であるため、向きを気にせずに接続できます(Type-Aでは「向きが逆で差し直し」ということがよくありましたが、Type-Cでは解消されています)。

USB Type-A Type-C
出典:www.ratocsystems.com
左がType-A、右がType-C

 そして、USB 3.1 USB Type-Cでは、USB PD(USB Power Delivery)に対応し、最大100Wまでの電力を供給することが可能。これにより、たとえばUSB 3.1 USB Type-Cで、PC本体やディスプレイの電源を取ることもできます。

 さらに、USB 3.1 USB Type-Cは、オルタネートモード(別規格のポートとして動作するモード)に対応し、映像出力用としても使用可能となっています。

USB 3.1:Gen1とGen2があり、後者が高速
 USB 3.1にはGen1とGen2があります。規格上の最大転送速度は、Gen1は5Gbps(USB 3.0と同じ)で、Gen2は10Gbpsです。

おわりに

 今回は、SATA-USB 3.0変換アダプタのおすすめを、2.5インチのみに対応している製品と、3.5インチ以上にも対応している製品に分けて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 SATA-USB 3.0変換アダプタは、PCの不調時にSSDやHDDが故障しているのか、それ以外が故障しているのかという問題の切り分けに使えます。そして、故障したPCのSSDやHDDを交換する際にも使えて、さらに交換して余ったものをデータのバックアップ用などに転用する際にも活用できます。ですので手元に一つ置いておくと、便利だと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



トップへ戻る