Qiワイヤレス充電器おすすめ16選【iPhone 12に急速充電 スタンド/パッド型】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Qi ワイヤレス充電器
Qi ワイヤレス充電器
Qi ワイヤレス充電器
Qi ワイヤレス充電器


 Qi ワイヤレス充電器は、最近のiPhoneやAndoroidはほとんどが対応しているので、試してみたいユーザーも多いのではないでしょうか。ただ、たくさんの製品があって、どれにしたらいいか迷ってしまうことも…。

 そこで今回は、Qi ワイヤレス充電器を購入する際にチェックしたい点をいくつか見たうえで、ECサイトや家電量販店などで販売されている中から、おすすめ製品を紹介したいと思います。

 ちなみに同じくワイヤレスである、Bluetoothイヤホンのおすすめも以下で紹介していますので、見てみてください。

こちらもチェック!

ワイヤレス充電の仕組みは? 「Qi」とは?

電磁誘導を利用して給電

写真
出典:www.power-academy.jp
 ワイヤレスでの給電は、電磁誘導を利用することで実現しています。コイルに電気を流すと電磁石になって、磁界が発生。そこに別のコイルを近づけると、そのコイル内の磁場が変化して、電気が流れます。この現象が電磁誘導です。

 ワイヤレス充電では、充電器側のコイルに電気を流し、そこにスマホ側のコイルを近づけて電流を発生させて、スマホのバッテリーを充電しています。

多くのスマホで採用されている国際標準規格「Qi(チー)」

QI
出典:www.belkin.com
 ワイヤレス給電の国際標準規格のひとつが、Qi(チー)。これは、iPhone X / 8 / 8 Plus、Galaxy Note8 / S8 / S8 Plusなど、多くのスマホで採用されています。今回紹介するのは、このQiに対応した製品です。

ワイヤレス充電器の選び方

Seneo Qi ワイヤレス充電器
出典:www.amazon.co.jp
 ワイヤレス充電器を選ぶポイントとしては、形状(スタンド型、パッド型)、出力の大きさ、コイルの数があげられます。以下に、それぞれ見ていきましょう。

形状(スタンド型、パッド型)・サイズで選ぶ

スタンド型:充電しながらも使いやすい

Seneo Qi ワイヤレス充電器 スタンド型
出典:www.amazon.co.jp
 ワイヤレス充電器で充電しながら、たとえば動画を見たり、SNSをチェックしたりしたい場合は、スタンド型がおすすめ。そこにスマホを立てかけられるので、角度的にディスプレイが見やすくなります。

パッド型:高さがないので邪魔になりにくい

CHOETECH qi ワイヤレス充電器 10W/7.5W急速充電対応 超薄型 AirPods 2 、iPhone XS/XS Max/XR/X、Samsungシリーズ等その他Qi機種対応 ブラック
出典:www.amazon.co.jp
 充電しながらスマホを使わない場合は、パッド型の方が良いかもしれません。こちらの形状は、高さがないので、邪魔になりにくいですし、片付けるのも容易です。

 そして、充電器のサイズを確認して、どこに置くか、どこなら邪魔にならないか、といったことを検討しましょう。

速く充電したいなら、出力の大きい製品にする

Seneo Qi急速ワイヤレス充電器 Quick Charge 2.0
出典:www.amazon.co.jp
 ワイヤレス充電器の出力性能を示す単位には「W(ワット:仕事量)」または「A(アンペア:電流)」が用いられています。これには、次のような関係性があります。

A(アンペア:電流)×V(ボルト:電圧)=W(ワット:仕事量)
 
 そして、「W(ワット:電力)」または「A(アンペア:電流)」の数字が大きいほど充電速度が速くなるので、速く充電したい場合はこの数値が大きい製品を選びましょう。

 なお、最近の製品の出力は、Galaxyに最大10W、iPhoneに最大7.5Wのものが多くなっています。

最近の製品の多くがQuick Charge 2.0/3.0に対応
Quick Charge 2.0
出典:www2.elecom.co.jp
Quick Charge 3.0
出典:www.sanwa.co.jp
 上記のように、最近の製品の出力は、Galaxyに最大10W、iPhoneに最大7.5Wのものが多くなっていますが、これはQuick Charge 2.0/3.0によって実現しています。

Quick Charge 2.0/3.0(クイックチャージ2.0/3.0)とは?

 米Qualcomm(クアルコム)社が開発した、高速充電の規格です。速くするポイントは電圧。通常の充電では5V固定のところを、Quick Charge 2.0では5V / 9V / 12V / 20Vの4段階を使い、高い電圧によって急速充電を実現しています。3.0では3.6V~20Vの範囲を200mV単位で変動させ、そのバッテリーの性能や状態、温度などに応じて最適な電圧を供給することでロスを減らし、高効率な充電を行います。

※Quick Charge 2.0/3.0を使用するためには、充電器とモバイル端末の両方が対応している必要があります。

Quick Charge 2.0 / 3.0の充電速度は?

 たとえばUSB充電器で、従来の5V / 1A製品と比べた場合、Quick Charge 2.0対応製品は約1.8倍、3.0対応製品は約4倍も高速で充電が可能(充電比率80%程度までの充電を想定)というデータもあります。
出典:www.sanwa.co.jp

コイル数の多い製品なら、スマホの位置の自由度が高くなる

CHOETECH ワイヤレス充電器 QI 3コイル搭載
出典:www.amazon.co.jp
 ワイヤレスで充電するには、電磁誘導を効率的に行うために、充電器側のコイルとスマホ側のコイルの位置を合わせて、適切なチャージポジションにする必要があります。ただ、充電の度に位置を微調整するのは面倒ですよね…。こうしたニーズに対応するために、充電器側に複数のコイルを搭載している製品があるので、そこも選ぶ際のポイントになります。

【スタンド型】ワイヤレス充電器 おすすめランキング

 ここからは、おすすめ製品をランキング形式で発表していきたいと思います。まずは、スタンド型のおすすめ製品を発表して、その後にパッド型のおすすめ製品と続きます。

 発売のタイミングにより、ワイヤレス充電器のスペックには記載されていませんが、基本的な仕様は同じのため、最新のiPhone 12にも対応していますよ。

※価格は2021年7月5日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:Anker PowerWave II Stand

最大出力15W、専用のACアダプターが付属

Anker PowerWave II Stand 出力15W 10W 7.5W
出典:www.amazon.co.jp
 出力は、Google Pixelシリーズなどに対しては最大15W、Galaxyシリーズに対しては最大10W、iPhoneシリーズでは最大7.5Wという製品。デザイン的には、全体的に丸みを帯びていて、優しい印象となっています。

 そして、この製品には専用のACアダプターが付属していて、別途用意する手間が省けるのが嬉しいですね。ただし、ACアダプターが付属している分、価格が少し高くなってしまっています。

第2位:Aouevyo 3in1 Qiワイヤレス充電器

スマホ・Apple Watch・Airpodsの3in1、QC3.0対応のACアダプターも付属

Aouevyo 3in1 Qワイヤレス充電器 各部名称
出典:www.amazon.co.jp
 スタンド部はiPhoneなどのスマホのワイヤレス充電器(7.5W)、上部のパッドはApple Watch充電器(5W)、スタンドの裏側はAirpodsの充電器(5W)となっている3 in 1の製品。アップル製品をいくつも所有しているユーザーなら、充電がかなり便利になりそうですね。上部のパッドは180°回転するので、使わないときはスタンドの後ろに収納してコンパクトにすることもできます。

 Quick Charge 3.0に対応したACアダプターも付属し、別途用意しなくても済むので、この製品だけですぐにワイヤレス充電を開始できます。

 ただし、3 in 1やACアダプターが付属している分、価格はお高めとなっています。また、Androidスマホの急速充電には対応していません。

第3位:Anker PowerWave 7.5 Stand 15W

最大出力15W、シャープさと柔らかさを兼ね備えたデザイン

Anker PowerWave 7.5 Stand 15W
出典:www.amazon.co.jp
 出力は、Google Pixelシリーズなどに対しては最大15W、Galaxyシリーズに対しては最大10W、iPhoneシリーズでは最大7.5Wというモデル。ただし、急速充電には、別売りのQuick Charge 3.0対応のACアダプターが必要です。

 デザイン的にはシンプルですが、角の部分が丸みを帯びていて、シャープさと柔らかさを兼ね備えた洗練された印象ではないでしょうか。

第4位:Anker PowerWave+ 3in1 Stand with Watch Holder

スマホ・Apple Watch・Airpodsの3in1対応、リングのデザインが特徴的

Anker PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holder 使用例
出典:www.amazon.co.jp
 スタンド部はスマホのワイヤレス充電器(最大10W、iPhoneでは最大7.5W)、サイドのリングはApple Watch充電器(5W)、サイドの平面はAirpodsの充電器(5W)となっている3 in 1対応なので、複数のガジェットを使用しているユーザーには便利です。

 デザイン的には、リングの部分が特徴的ですね。ただし、好みが分かれるかもです。また、急速充電には、別売りのQuick Charge 2.0/3.0またはPD(Power Delivery)対応のACアダプターが必要です。

第5位:NANAMI Qi ワイヤレス急速充電器 A800

最大出力10W、睡眠を妨げないLEDライト仕様

NANAMI Qi 急速 ワイヤレス充電器 最大10W(iPhoneで最大7.5W)の急速充電
出典:www.amazon.co.jp
 Quick Charge 2.0/3.0に対応した急速ワイヤレスチャージャー。10Wの急速充電に対応している機種はGalaxyなどで、iPhoneでも最大7.5Wの急速充電が可能です。

 前面にある LEDライトは、充電開始時に10秒間点灯して消灯、充電完了時に5秒間点灯して消灯します。この仕様なら、眠るときに充電しても眩しくなくて良いですね。

 ちなみに、Quick Charge 3.0対応のACアダプターが付属しているモデルもあります。

NANAMI ワイヤレス急速充電器 置くだけ充電 USB Type-C端子 充電器セット (Qi/PSE認証済み) iPhone 12 /12 Pro /SE2 /11 /11 Pro /Xs /XR /Xs Max / X /8 /8 Plus、Galaxy S21 (Ultra) /S20 /S10 /S10+ /S9 /S9+ /S8 / 8+ /Note 10 /Note 9 、Sony Xperia1 Ⅱ/XZ3、LG など 各機種対応 7.5W/10W/15W出力 ワイヤレスチャージャー QC3.0 アダプター付属 お中元ギフト 黒
2,799円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

第6位:エレコム EC-QS02BK

可動式コイルで、スマホに合わせた最適な位置に調整が可能

エレコム EC-QS02BK 可動式コイル
出典:www.amazon.co.jp
 最大の特徴は、Qi充電用コイルが上下に動かせること。このギミックにより、スマホのコイル位置に合わせて、最適な位置に充電用コイルをレイアウトすることができます。また、スマホごとの位置がすぐに分かるように、「位置決めシール」が付属しています。

 そして、この形状だと重心が上にきてしまいそうですが、スタンド部分に“重り”が入っているので、安定してスマホを立てることができます。上部に配された動作確認のためのLEDは、スマホで隠れて正面からは見えないので、夜でも気にならず、安眠を妨げないようになっています。

 ただし、出力は最大5Wしかなく、他の製品と比べると多少見劣りするかもです。

第7位:icyber Qiワイヤレス充電器 折り畳み式 3コイル

最大出力10W、折り畳み式でパット型にも、3コイル搭載

icyber Qi ワイヤレス充電器 折り畳み式 3コイル USB Type-C
出典:www.amazon.co.jp
 写真のようにスタンド型で使用できるだけでなく、折りたたむことによってパット型にもなるという2in1の製品。コイルは3つ搭載しているので、チャージ可能なエリアが広く、たとえばサイズの大きいスマホなどでも、位置をあまり気にせずに置いて充電することができるでしょう。

 Galaxyシリーズでは、出力10Wの急速充電も可能。iPhoneシリーズでも、7.5Wでの急速充電が可能となっています。いずれの場合も、ACアダプターはQuick Charge 2.0/3.0対応のものが必要です。
  

第8位:Kaweno 2in1 Qiワイヤレス充電器

高さと角度の調整が可能、折りたたんでコンパクトに

Kaweno 2in1 Qiワイヤレス充電器 高さ・角度調節が可能
出典:www.amazon.co.jp
 スタンド部分の高さ・角度、ホルダー部のサイズを調節することができる製品。高さと角度を調整して目線に合わせれば、スマホを見ながら作業をするのに便利ですね。また、ベース部でもワイヤレス充電ができます。そして、折りたたむとかなりコンパクトになるので、持ち運びのも容易です。

 充電性能としては、Quick Charge 2.0/3.0対応のACアダプターを使用すれば、Galaxyシリーズなら10Wでの急速充電が可能。iPhoneシリーズでは7.5Wの急速充電が可能となっています。いずれの場合も、ACアダプターはQuick Charge 2.0/3.0対応のものが必要です。

第9位:SHOWWISH 4in1 Qワイヤレス充電器

端子の切り替えが可能、Apple WatchとAirpodsの充電にも対応、Quick Charge 3.0対応ACアダプターが付属

SHOWWISH 4in1 Qワイヤレス充電器 対応機器のチャート図
出典:www.amazon.co.jp
 この製品は、センター部分がワイヤレス充電に対応しています。そして、製品右の三角形の部分は端子(Lighting、microUSB、USB Type-Cの切り替え)による充電に対応し、AirpodsもLighting端子による充電に対応しています。Apple Watchは、製品左にあるスタンド先端の丸い部分に充電器をセットすることで対応することができます。ただし、対応製品が多い分、本体の横幅が大きくなってしまうので、置く場所を選びそうです。

 充電性能としては、Quick Charge 2.0/3.0に対応し、同3.0のACアダプターも付属。これにより、Galaxyシリーズは10W、iPhoneシリーズは7.5Wでの急速充電が可能となっています。

【パッド型】ワイヤレス充電器 おすすめランキング

 続きまして、パッド型製品のおすすめランキングを発表していきたいと思います

※価格は2021年7月5日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:Anker PowerWave 10 Pad

シンプルでスマートな丸形デザイン


Anker PowerWave 10 Pad (改善版), ワイヤレス充電器 Qi 認証 iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max/XS/XS Max/XR/X / 8 / 8 Plus Samsung Galaxy LG 対応 5W & 7.5W & 10W 出力 ブラック
出典:www.amazon.co.jp
 出力性能はGalaxyシリーズに対しては最大10W、iPhoneシリーズでは最大7.5Wという急速充電に対応しています(急速充電には、別売りのQuick Charge 3.0対応のACアダプターが必要)。

 デザイン的には、存在を主張しすぎないシンプルでスマートな丸形なので、どんなデスクの上にもマッチしそうです。

第2位:Apple MagSafe充電器

iPhone 12/12Pro/Pro Maxで最大出力15W、磁石でピッタリ吸着

Apple MagSafe充電器 使用例
出典:www.amazon.co.jp
 最大出力はiPhone 12/12Pro/Pro Maxで最大15W、iPhone 12 miniでは最大12WというApple純正のワイヤレス充電器。他の製品のほとんどは最大7.5Wなので、出力は2倍となります。そして、iPhoneの背面に磁石でピッタリ吸着するので、少しくらい触ってもずれることがありません。充電しながらSNSなどをチェックしたい場合などに役立ちそうです。

 なお、iPhone 11シリーズ以前、対応ケースのAirPods、その他各社のQi対応製品では最大7.5Wになります。また、ACアダプターは別途必要となります。推奨は、以下のApple 20W USB-C電源アダプターです。

 ただ、Apple純正だけあって、価格はやはりお高めですね。

Apple 20W USB-C電源アダプタ
2,200円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

第3位:IMDEN Qiワイヤレス充電器

最大出力15W、2色のBreathing-Light LEDライト

IMDEN Qiワイヤレス充電器 アメリカ製TIコーア採用
出典:www.amazon.co.jp
 出力はGoogle Pixelシリーズで15W、Galaxyシリーズで10W、iPhoneシリーズで7.5Wという急速充電に対応した製品。急速充電には、別売りのQuick Charge 2.0/3.0対応のACアダプターが必要です。

 周囲のLEDは目に優しい2色のBreathing-Light。スタンバイ時にはグリーン、充電時にはブルーの光が、緩やかに点滅します。

第4位:NANAMI Qiワイヤレス充電器 U6

最大出力10W、インテリア性のあるデザイン、睡眠を邪魔しないLED点灯モード

NANAMI Qiワイヤレス充電器 U6 インテリジェント
出典:www.amazon.co.jp
 サークル状のトップと、エッジの緩やかなスクエアを組み合わせた、インテリア性のあるデザインの製品。トップを囲むように配されたLEDライトは、デバイス検出時に3秒間点灯し、充電開始時に15秒間だけ点灯して消えたまま、充電完了時にも点灯しない仕様。快適な睡眠を邪魔しないでくれます。

 出力性能は、Quick Charge 2.0/3.0対応のACアダプター(別売り)を使用することにより、LG V30/V30+では15W、Galaxyシリーズでは10W、iPhoneシリーズでは7.5Wの急速充電が可能となっています。

 Quick Charge 3.0対応のACアダプターとのセットもあります。

「USB充電器セット」NANAMI ワイヤレス充電器 置くだけ充電 USB Type-C端子 (Qi/PSE認証済み) iPhone 12/12 Pro/SE (第2世代) /11 / 11 Pro / Xs / XR / Xs Max / X / 8 / 8 Plus、Galaxy S20 /S10 / S10+ / S9 / S9+ / S8 / S8+ / Note 10 / Note 9 、Sony Xperia1 Ⅱ/XZ3、Apple AirPods 2/AirPods Pro Galaxy Buds (+/Pro) Qi機能搭載スマホ/イヤホン対応 Quick Charge 3.0充電アダプター付属 充電パッド 5W/7.5W/10W/15W qi充電 日本語取扱説明書付 お中元ギフト ブラック
2,299円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

第5位:Anker PowerWave II Pad

最大出力15Wに対応、専用ACアダプターが付属

Anker PowerWave II Pad 出力15W 10W 7.5W
出典:www.amazon.co.jp
 前出のスタンド型「Anker PowerWave II Stand」のパット型のタイプ。基本性能は同じになります。以下、再掲。

 出力は、Google Pixelシリーズなどに対しては最大15W、Galaxyシリーズに対しては最大10W、iPhoneシリーズでは最大7.5Wという製品。デザイン的には、全体的に丸みを帯びていて、優しい印象となっています。

 そして、この製品には専用のACアダプターが付属していて、別途用意する手間が省けるのが嬉しいですね。ただし、ACアダプターが付属している分、価格が少し高くなってしまっています。

第6位:Anker PowerWave 10 Dual Pad

2台同時に充電が可能、専用のACアダプターが付属

Anker PowerWave 10 Dual Pad 2台同時充電
出典:www.amazon.co.jp
 2つのコイルを少し離して配置することで、2台のスマホへの同時充電が可能となる製品。複数台のスマホを仕事やプライベートで使い分けているユーザーなどに適していますね。

 充電性能はGalaxyシリーズでは最大10W、iPhoneシリーズでは最大7.5Wの急速充電が可能となっています。2台同時充電の場合でも、合計の最大出力は20Wなので、それぞれで急速充電ができます。

 ただし、2台同時充電に対応することで、外形寸法は大きくなりますね。また、価格も高くなっています。

第7位:Anker PowerWave 3in1 station

スマホ、AirPods、Apple Watchの3つに対応したステーション


Anker PowerWave 3-in-1 station 対応機種 使用例
出典:www.amazon.co.jp
 スマホ、AirPods、Apple Watchの3つの同時充電に対応した製品。それぞれを充電するより時間の短縮になって便利なのはもちろん、デザイン的にもスタイリッシュで、インテリア小物のような雰囲気でデスクに置いておけるのではないでしょうか。

 充電性能はGalaxyシリーズでは最大10W、iPhoneシリーズでは最大7.5Wの急速充電が可能となっています(急速充電には、別売りのQuick Charge 2.0/3.0対応のACアダプターが必要)。

 ただし、3つのデバイスを横に並べることになるので、かなりの幅をとります。また、ACアダプターが付属しないでこの価格は、ややお高いですね。

おわりに

 今回はワイヤレス充電器のおすすめ製品を、スタンド型とパッド型で分けて、それぞれのランキングを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 ワイヤレス充電によって、これまで当たり前だった充電時のケーブル接続から開放されることになります。上記のランキングを参考にしてワイヤレス充電器を入手し、より自由なモバイルライフを満喫してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



トップへ戻る