ミドルタワーPCケースおすすめ20選【拡張性・静音性・コスパを比較】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミドルタワーPCケース
ミドルタワーPCケース
ミドルタワーPCケース
ミドルタワーPCケース


 PCケースにはいろいろなサイズがありますが、最も広く使われているのがミドルタワーではないでしょうか。拡張性は一般的な用途ならミドルタワーで十分ですし、大きさ的にもデスクの下に収まりやすく、またデスクの上に置くのもアリです。ただし、とても多くの製品が販売されているので、どれを選んだらいいのか分からなくなりがち…。

 そこで今回は、ミドルタワーPCケースを購入する際にチェックしたいポイントやニーズに対応する機能と、おすすめの20製品を紹介してみたいと思います。

 ちなみに、キューブ型ミニ・スリムタワーなどの小型PCケースのおすすめは、以下の記事で紹介しています。

こちらもチェック!

目次

ミドルタワーPCケースの選び方

Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケース CS4987 FD-CA-DEF-R5-BK
出典:www.amazon.co.jp
 一般的なマザーボードのフォームファクタであるATXとMicro-ATXに対応する、ミドルタワーPCケース。故に製品数も多いわけですが、製品を選ぶにあたっては次のようなポイントがあります。

サイドパネルの仕様で選ぶ(アクリル・強化ガラス、スチール製)

LEDパーツを鑑賞したいなら、アクリル・強化ガラス製ウインドウの製品に

Corsair Carbide 400C ミドルタワー型PCケース 透明アクリル採用サイドパネル CS6414 CC-9011081-WW
出典:www.amazon.co.jp
 最近は、ファンやマザーボードなどでLEDが付いているものが多くあります。そうしたパーツを組み込んで、イルミネーションとして楽しみたいのなら、サイドがアクリル・強化ガラス製のウインドウになっているものを選びましょう。

静音性重視なら、遮音材が装備されたスチールの製品に

Thermaltake Suppressor F31-Silent No Win PCケース CS5992 CA-1E3-00M1NN-00
出典:www.amazon.co.jp
 LEDパーツを鑑賞しないなら、アクリルではなく、サイドがスチール製のもので良いでしょう。

 また、スチール製の製品の中には遮音材が装備されていて、PC内部のファンの音が外に漏れにくくなっているものがあります。こうした製品は、静音性を重視するユーザーに最適ですね。

ドライブベイの数で選ぶ

光学ドライブを積むなら、5.25インチベイのある製品に

CoolerMaster ミドルタワー ATX PCケース CM 690 III (型番:CMS-693-KKN1-JP)
出典:www.amazon.co.jp
 製品によって、5.25インチベイがあるものと、同ベイのないもの(次項目の写真)があります。ですので、5.25インチの光学ドライブを積みたい場合は、前者を選ぶ必要があります。

SSDやHDDを増設するなら、2.5インチ・3.5インチベイの多い製品に

Corsair Carbide 270R ミドルタワー型PCケース CS6734 CC-9011106-WW
出典:www.amazon.co.jp
 製品によって、多くの2.5インチ・3.5インチベイが搭載されているもの(前項目の写真)と、最低限の数しかないものがあります。将来的なSSDやHDDの増設も考慮するなら、同ベイが多く搭載されているものが良いでしょう。

ケース前方への大型水冷ラジエーター搭載が優先なら、ベイの少ない製品に

Corsair Carbide 400C ミドルタワー型PCケース 透明アクリル採用サイドパネル CS6414 CC-9011081-WW
出典:www.amazon.co.jp
 5.25インチベイがなく、2.5インチ・3.5インチベイの少ない製品は、ケース前方への大型水冷ラジエーターの搭載を想定しています。ですので、水冷式の採用を最優先に考えるなら、ドライブベイの少ない製品が適しています。

エアフローの向上を目指すなら、デュアルチャンバー構造の製品にする

ZALMAN 【ATX対応】 ミドルタワーPCケース高い冷却性能と拡張性を実現した Z9 Neo
出典:www.amazon.co.jp
 デュアルチャンバー構造とは、PCケースの内部を熱源ごとに仕切って、それぞれでエアフローを設計し、効果を向上させる仕様のこと(チャンバー〔chamber〕は「小さな部屋、室」という意味)。一般的なデュアルチャンバー構造は、CPUやグラフィックボードのある上部と、電源ユニットのある下部で仕切られています。

 ですので、たとえばCPUのオーバークロックやハイエンドグラフィックボードの搭載などによって発熱が心配な場合は、デュアルチャンバー構造の製品を選んで、効果的なエアフローの設計をしてみると良いのではないでしょうか。

搭載可能なCPUクーラー・グラフィックボードのサイズ、外形寸法を確認

サイズ 【HASWELL対応】 虎徹 12cmサイドフロー SCKTT-1000
出典:www.amazon.co.jp
写真
出典:www.amazon.co.jp
 製品によって搭載可能なCPUクーラーの最大高さと、グラフィックボードの最大長さが異なるので、予め確認しておきましょう。

 また、一口にミドルタワーPCケースと言っても、製品によって外形寸法(縦×横×高さ)は異なります。購入した後に「大きすぎて、予定の場所に収まらない」ということのないよう、製品の外形寸法も要チェックです。

排熱を考えるなら、ファンが多く搭載できる製品に

CoolerMaster 120mm PCケース用ファン 静音タイプ Silencio FP 120 PWM (型番:R4-SFNL-14PK-J1)
出典:www.amazon.co.jp
 標準で搭載されているファン、また増設可能なファンの数は製品によってそれぞれ。CPUのオーバークロックをしていたり、ハイエンドのグラフィックボードや多くのHDDを搭載していたりして、内部の発熱が大きい場合は、多くのファンが搭載できる製品が向いているでしょう。

【アクリル・強化ガラスウインドウ編】ミドルタワーPCケース おすすめランキング

 それではここから、おすすめ製品を紹介します。まずは、サイドがアクリル・強化ガラス製のウインドウになっているミドルタワーPCケースで、おすすめ製品のランキングを紹介します。その後に、サイドパネルがスチール製のもので、おすすめ製品のランキングを紹介します。

 アクリル・強化ガラス製のウインドウから、内部に組み込んだLED付きパーツのイルミネーションを楽しみましょう。

※価格は2018年12月14日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:サーマルテイク Versa H26

アクリルウインドウを採用した低価格帯の製品でも、それなりの拡張性を確保

Thermaltake Versa H26 ケース内部
出典:www.amazon.co.jp
 アクリルウインドウ採用の製品の中で、低価格帯に位置する製品。ですが、ドライブは最大7基、ファンも最大7基が搭載可能。さらに、水冷システムのためのラジエーターはトップに360/280㎜×1、フロントに360㎜×1、リアに120㎜×1が搭載可能という、それなりの拡張性を有した製品となっています。

 気になるのは、アクリルウインドウが4つの手回しネジで留まっていること。パーツを頻繁に交換するユーザーの場合は、外すのが少し手間かもです。

 紹介しているのはブラックで、他のカラーバリエーションとしてホワイトもあります。また、紹介しているアクリルパネルモデルの他に、強化ガラスを採用したモデルも。さらに、電源付きモデル(500W)もあって、別途電源を選ぶ手間をかけたくない場合には便利ですね。

第2位:サマ JAX-02W(黒透 kurosuke)

費用をとことん抑えたいユーザー向けの、圧倒的なコスパ

SAMA JAX-02W ケース内部
出典:www.amazon.co.jp
 注目すべきはこの価格。アクリルウインドウにはそれなりにコストがかかるのですが、この製品の価格は圧倒的に低く抑えられています。

 ただし価格の分、気になる点がいくつか…。アクリルパネルは8つのネジで留まっているので、取り外しはかなり面倒そう。また、ドライブベイにツールレス機構もありません。CPUクーラー高さは、アクリルパネル側がフラットなこともあり、150㎜までの対応に留まります。

 アクリルウインドウ採用で、とにかく価格の低い製品を求めるユーザーに適応します。

第3位:シャークーン VS4-Wシリーズ SHA-VS4-WBK

膨らみのあるサイドパネルで、大型CPUクーラーに対応、ケーブルマネジメント性が向上

Sharkoon SHA-VS4-WBK 正面
Sharkoon SHA-VS4-WBK ケース内部
出典:www.amazon.co.jp
 見た目はスリムな印象ですが、サイドパネルに膨らみを持たせることで、CPUクーラーは高さ160㎜までに対応し、裏面配線のケーブルマネジメントがしやすくなっています。

 2.5インチケージは取り外しが可能。グラフィックボードは標準で310㎜まで対応ですが、ケージを取り外せば385㎜まで対応できるようになります。

 それ以外の性能は、ファンが120㎜を3つまでなど控えめな感じですが、シンプルな外観で価格も抑えられているので、自作PC初心者にお勧めの製品と言えるかと思います。

第4位:ジョンスボ アルミPCケース U4BR

強化ガラスパネルとアルミを採用した、コンパクトなケース

JONSBO U4BR ケース内部
出典:www.amazon.co.jp
 サイドパネルに強化ガラスを、ボディ素材にアルミニウムを採用した、とてもシンプルな外観の製品。内部パーツの赤が強烈ですが、パーツを組み込んでサイドパネルを付けると、程よいアクセントになるのではないでしょうか。サイズもコンパクトで、W205×H428×D340㎜という小さ目な仕上がり。特にD340㎜なので、かなりの省スペースになりますね。

 ただし、5.25インチベイはなく、2.5/3.5インチベイも最低限の数しかありません。拡張性よりも、コンパクトさを優先するユーザー向けの製品と言えます。

 紹介しているのはブラック×レッドで、他のカラーバリエーションとしてレッド、シルバーもあります。

第5位:サーマルテイク VIEW 31 TG

両サイドに強化ガラスパネルを搭載、グラフィックボードの垂直配置用ブラケットが付属

Thermaltake VIEW 31 TG サイドパネルを開けたところ
Thermaltake VIEW 31 TG ケース左側
出典:www.amazon.co.jp
 強化ガラスパネルを、片側だけでなく、左右両サイドに搭載した珍しい製品。左サイドからCPUクーラーやグラフィックボード、マザーボードなどを鑑賞し、右サイドからは(敢えて)各種配線やマザーボードベース部裏側に設置したストレージを鑑賞することができます。

 拡張スロットは垂直のものが2つあり、ここに付属のブラケットを装着すると、グラフィックボードを垂直に設置することができます(別途、ライザーケーブルが必要)。最近は、デザイン性に優れたグラフィックボードが多いので、それを見せるのも良いでしょう。

 ドライブケージは全てが取り外し可能(フルモジュラーデザイン)。ラジエーターは、トップとフロントに360/280㎜のものが1基、リアとボトムに140/120㎜のものが1基搭載可能です。

 ただし、2.5/3.5インチベイは3基と少なめ。また、5.25インチベイはないので、DVDなどを読み込む際には別途USB接続の光学ドライブを用意する必要があります。

 紹介しているのはLED ノーマルモデルで、他にRGBモデルもあります。

第6位:ザルマン Z9 Neo

標準で120㎜ファン×5を搭載、フロントに遮音材を採用した製品

ZALMAN Z9 Neo ケース内部
出典:www.amazon.co.jp
 標準で120㎜のファンが、フロント×2、リア×1、トップ(ブルーLED付き)×2の計5つも搭載されています(フロントは140㎜×2への変更も可能)。トップとフロントには240㎜のラジエーターを搭載することも可能です。

 そして、アクリルウインドウの製品では珍しく、遮音材が採用(フロント)されている点は好評価です。

 ただし、2.5/3.5インチベイは2つ、2.5インチベイは2つと、少な目になっています。

第7位:フラクタルデザイン Define R6 Tempered glass

メンテナンス性、冷却オプションへの対応、静音性など総合的に優れた製品

Fractal Design Define R6 ケース内部
出典:www.amazon.co.jp
 フロントパネルは左右どちらからでも開閉可能で、左側サイドパネルは素早く開閉できるシステムを採用。ケース内のドライブケージ全てが取り外しでき、パーツに合わせて柔軟に対応できます。

 2.5/3.5インチドライブは最大8基搭載、ファンは最大9基、水冷ラジエーターはトップに420㎜・フロント360㎜・ボトム280㎜までのものに対応可能。

 また、フロント・トップ・右サイドのパネルに高密度の吸音材が装備され、密閉性を高めることができる機構(メーカーでは「ModuVentデザイン」と呼称)も採用されているなど、静音性にも優れています。

 その他にも6台までの3ファンコントローラーが搭載されているなど、ユーザーに対する細かな配慮がたくさんあり、デザイン的にも洗練されていて、総合的に非常に優れた製品と言えます。

 紹介しているのはブラックで、他のカラーバリエーションとしてグレー、ブラックアウト、ホワイトもあります。

 また、サイドがスチールパネルのモデルもあります。

Fractal Design Define R6 – Black ミドルタワー型PCケース CS7007 FD-CA-DEF-R6-BK
15,257円(税込)


出典:www.amazon.co.jp

第8位:コルセア Carbide 400C

開閉が容易なドアタイプのサイドパネルで、高いメンテナンス性

Corsair Carbide 400C サイドパネルを開けたところ
出典:www.amazon.co.jp
 ケース前方から大きく開閉するサイドパネルを採用し、パーツ交換などのメンテナンス性に優れた製品。サイドパネルは、ヒンジ部分から上方向に引き抜くことも可能です。マザーボードベース部の裏面は約15㎜の配線スペースとケーブルホールを備え、配線のしやすさを実現しています。

 また、大きなアクリルウインドウも目を引きます(メーカーでは「パノラマウィンドウパネル」と呼称)。内部の見える範囲がとても広く、LEDパーツのイルミネーションをより楽しめるでしょう。

 ファンはフロント、リア、トップに計6つ搭載可能。フロントには最大360㎜の水冷ラジエーターの取り付けることができ、効率的なエアフローと高い冷却性を求めるユーザーに対応します。

 ただし、5.25インチベイがない点には注意しましょう。

第9位:エヌゼットエックスティー H700 ネイキッドモデル

余計なものを削ぎ落としたデザイン、内部空間の広い製品

NZXT H700 ケース内部
出典:www.amazon.co.jp
 外側には装飾的なものが一切ない、非常にシンプルなデザインのケース。それでも、フォルムとバランスの美しさ、カラーリングされた大きな内部パーツ、側面縁のメッシュ部分が目を引く、印象的な製品となっています。

 そして、5.25インチベイのない広々とした内部レイアウトは、NZXT製PCケースではおなじみ。これにより、フロントとトップに水冷式CPUクーラー用の大型ラジエーターを設置することができます(フロント140㎜×2/120㎜×3・厚み60㎜まで、トップ140㎜×2/120㎜×3・厚み30㎜まで)。また、その内部空間の広さによって、Extended-ATXのマザーボードにも対応可能となっています(305×272㎜まで)。

 ただし、上記のように5.25インチベイはなく、光学ドライブは搭載不可なので、DVDなどを読み込む際はUSB接続のものを別途用意する必要があります。

 紹介しているのはホワイトで、他のカラーバリエーションとしてブラック、ブルー、レッドもあります。

 なお、名称にある「ネイキッドモデル」は、LEDとファンの制御を行う機能を外した(自由度の高い)モデル、という意味(これらを別途購入して、ネイキッドモデルに追加することも可能)。これらが付属したモデルは、以下になります。

NZXT H700i ミドルタワー RGB LED 制御 HUE+ & ファン制御 GRID+V3 機能搭載 [ Matte BLACK ] CA-H700W-BB
25,832円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

第10位:クーラーマスター MasterCase H500P

フロントに大型200㎜のRGBファンを2基搭載、トップとフロントもスケルトン仕様

Cooler Master MasterCase H500P RGBファン
Cooler Master MasterCase H500P 分解図
出典:www.amazon.co.jp
 スケルトン仕様のフロントには、標準で200㎜という大型のRGBファンが2基搭載されています。冷却性能に優れるのはもちろん、存在感抜群にPCをライトアップすることが可能。RGB対応マザーボードやRGBコントローラーを使用すれば、自分好みのテーマカラーに変更することもできます。トップもスケルトン仕様となっているので、別途RGBファンを追加すると、より光の演出を楽しめますね。

 垂直の拡張スロットが2つあるので、RGB仕様のグラフィックボードを見せる配置もできます(別途、ライザーケーブルが必要)。

 内部スペースは広めとなっているため、水冷ラジエーターはトップとフロントに360㎜まで (厚さ55㎜まで)のものを設置可能。そして、Extended-ATXのマザーボードを組み込むこともできます(305×272㎜まで)。

【スチール製サイドパネル編】ミドルタワーPCケース おすすめランキング

 続きまして、サイドパネルがスチール製のミドルタワーPCケースで、おすすめ製品のランキング紹介です。遮音材を装備した製品も多いので、静音性を重視するユーザーはそうしたものを選んでみてはいかがでしょうか。

※価格は2018年12月14日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:シャークーン VS4-Wシリーズ SHA-VS4-VBK

膨らみのあるサイドパネルで、大型CPUクーラーに対応、ケーブルマネジメント性が向上

Sharkoon SHA-VS4-VBK 正面
Sharkoon SHA-VS4-VBK ケース内部
出典:www.amazon.co.jp
 前出のアクリル・強化ガラスウインドウ編 第3位「シャークーン VS4-Wシリーズ SHA-VS4-WBK」の、サイドパネルがスチール製になっているモデル。サイドパネルが異なるため、ファンの仕様も変わります(標準のリア120㎜にブルーLEDなし、サイド120㎜×2が搭載可能)。以下、再掲。

 見た目はスリムな印象ですが、サイドパネルに膨らみを持たせることで、CPUクーラーは高さ160㎜までに対応し、裏面配線のケーブルマネジメントがしやすくなっています。

 2.5インチケージは取り外しが可能。グラフィックボードは標準で310㎜まで対応ですが、ケージを取り外せば385㎜まで対応できるようになります。

 それ以外の性能は控えめな感じですが、シンプルな外観で価格も抑えられているので、自作PC初心者にお勧めの製品と言えるかと思います。

第2位:フラクタルデザイン Define R5

メンテナンス性、冷却オプションへの対応、静音性など総合的に優れた製品

Fractal Design Define R5 Black Pearl ケース内部
出典:www.fractal-design.jp
 フロントパネルは左右どちらからでも開閉可能で、左側サイドパネルは素早く開閉できるシステムを採用。ケース内のドライブケージ全てが取り外しでき、パーツに合わせて柔軟に対応できます。

 2.5/3.5インチドライブは最大10基搭載、ファンは最大9基、水冷ラジエーターはトップに420㎜・フロント360㎜までのものに対応可能。

 また、フロントとサイドのパネルに高密度の吸音材が装備され、密閉性を高めることができる機構(メーカーでは「ModuVentデザイン」と呼称)も採用されているなど、静音性にも優れています。

 その他にも3台までの3ステップファンコントローラーが搭載されているなど、ユーザーに対する細かな配慮がたくさんあり、デザイン的にも洗練されていて、総合的に非常に優れた製品と言えます。

 サイドがアクリルパネルのモデルもあります。

Fractal Design Define R5 Black Pearl Window side panel ミドルタワーPCケース CS4994 FD-CA-DEF-R5-BK-W
16,178円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

第3位:クーラーマスター CM 690 III

フロントに200㎜ファンを搭載し、トップとサイドにも200㎜ファンを追加可能

CoolerMaster CM 690 III ケース内部
出典:www.amazon.co.jp
 標準でフロントに200㎜ファン×1を搭載。さらにトップとサイドにも追加可能なので、200㎜ファンを計3基も搭載できます。大きなファンは風量が大きくて静音性が高いので、これなら冷却性と静音性を両立させることができますね。さらに、ボトムにも120㎜ファン×1を追加できます。

 水冷ラジエーターは240㎜のものを、内部レイアウトに応じてフロントとトップのどちらに搭載することが可能です。

 また、2.5インチ3.5インチをワンタッチで切り替えられるドライブトレイ(メーカーでは「SSD/HDDコンボトレイ」と呼称)、配線のしやすい27㎜の裏面スペースなど、使いやすさへのいくつもの配慮がされています。

第4位:アンテック P110 silent

遮音サイドパネル、ケーストップ遮音カバーを採用した静音ケース

ANTEC P110 silent ケース内部 パネルを外したところ
出典:www.amazon.co.jp
 吸音材を張り合わせた二層構造の遮音両サイドパネル、取り外しが可能なケーストップ遮音カバーを採用した静音モデル。内部から発生するノイズを効果的に遮音するので、かなりの静音性が期待できます。

 水冷ラジエーターは、フロントに最大360㎜、トップに最大280㎜、リアに120㎜のものを搭載可能。グラフィックボードを搭載しても“たわみ”を防止するホルダーも付属しているので、大型のものを組み込んでも安心感が持てるでしょう。

 デザイン的にはシンブルで、フロント左上にある「Antec」のロゴがスタイリッシュな感じで、良いのではないでしょうか。

第5位:コルセア Carbite 100R Silent

ケースリアに3基対応のマルチファンコントローラーを搭載

Corsair Carbite 100R Silent パーツの組込例
Corsair Carbite 100R Silent 背面のファンコントローラー
出典:www.amazon.co.jp
 ケースのリア部分に、3基のファンに対応する、3段階のファンコントローラーを内蔵。搭載したファンを接続して、冷却性能と静音性を調節することができます。また、フロントパネル内側、トップ、両サイドに遮音材を装備しているので、パーツが発するノイズを抑えてくれます。

 CPUクーラーは高さ150㎜までに留まり、2.5/3.5インチベイは×4と最低限の感じですが、その分コスパは良いと言えます。

第6位:シルバーストーン PRECISIONシリーズ SST-PS13B

コンパクトさを追求した製品、ただし使いやすさが犠牲に

SilverStone SST-PS13B ケース内部
出典:www.dirac.co.jp
 この製品はかなりコンパクトで、W182×H426×D400㎜というサイズ。そして、価格がかなり魅力的です。

 ただしその分、犠牲になっている部分も…。たとえば、ドライブの脱着について、ツールレス機構はありません。また、ドライブケージは固定されていて、HDDをケースの前後方向に抜き差しすることに(古いPCケースによくあった構造)。ケースが小さくてこれだと、組み立てやパーツ交換はかなりやりにくそう。とにかく小さくて安いケースを求めているユーザーに適応する製品です。

 同シリーズで、アクリルウインドウを採用したモデルもあります。また、電源付きのモデル(550W/650W)もあるので、手間をあまりかけずに、まとめて購入したい人にお勧めです。

第7位:アンテック P7 Silent

両サイドに二層構造の遮音パネルを採用した、コスパの良い静音モデル

ANTEC P7 Silent パーツの組込例
出典:www.amazon.co.jp
ANTEC P7 Silent サイドの二層構造の遮音パネル
出典:www.links.co.jp
 静音性を重視し、両サイドに二層構造の遮音パネルを採用した、静音ミドルタワー。パネルの内側に吸音材を貼り付けた構造により、ケース内部から発生する効果的にノイズを軽減してくれます。

 ただ、その他の性能はそれなり。搭載可能な水冷ラジエーターはフロントに最大280㎜、リアに120㎜まで。5.25インチベイは1基、2.5/3.5インチベイは計4基と、さほど多くはありません。その分、価格は抑えられていますね。

 ビジュアル的にはシンプルで洗練された印象なので、この見た目と、コスパを優先して選んでも良いのではないでしょうか。

第8位:サイズ 静寂(SEI-JAKU) SCY-DFR5-BK

フロント・トップ・両サイドパネルに「高密度遮音素材」を採用、ファンコン搭載、コネクタカバーが付属

scythe SEI-JAKU ケース内部
scythe SEI-JAKU コネクタカバー
出典:www.amazon.co.jp
 フロント、トップ、両サイドパネルには「高密度遮音素材」が貼り付けられた、その名のとおり“静寂”な仕上がりのPCケースです。2チャンネルファンコントローラー(スイッチはフロントパネル内)も搭載しているので、ファンの回転数を下げれば、かなりの静音性を確保できるでしょう。

 そして、ケースフロントの上部にあるI/O(Input/Output、「入出力」)部分の「コネクタカバー」が付属しているのは嬉しいポイント。これで使用していないUSBポートとオーディオジャックを塞げば、ホコリの混入を防止できます。

 外観的には、飾り気のないシンプルな仕上がりで、フォルムはスクエアな感じ。全体的に重量感のあるデザインとなっています。

第9位:クーラーマスター Silencio 452

静音志向が売りの「Silent」ラインに属する製品


出典:www.amazon.co.jp
 クーラーマスター社のPCケースラインナップのひとつ、「Silent」ラインに属する製品。PCケースの正面ドア・両サイド内側に吸音シートが敷き詰められていて、ライン名のとおり静音性が最大の売りです。

 そして、幅が190㎜とスリムなスタイル。フロントドアはマットブラックで、インテリア性の高い製品となっています。ただし、スリムな分、対応するCPUクーラーの高さは158㎜までとなっています。

第10位:フラクタルデザイン Define C Black

コンパクトサイズで、洗練されたデザインのケース


出典:www.amazon.co.jp
 外形寸法はW210×H440×D399㎜と、とてもコンパクトなサイズ。特に奥行きが399㎜しかないというのは他の製品と比べてとても小さいです。

 水冷ラジエーターはトップに240㎜、フロントに140/280㎜のものを搭載可能。そして、前出の第2位の製品(同メーカー)と同様、フロントとサイドのパネルへの高密度吸音材の装備と、密閉性を高める機構(メーカー「ModuVentデザイン」)が採用されており、静音性に優れます。

 外観はフラクタルデザインらしい洗練されたデザインで、スタイリッシュさとコンパクトさを求めるユーザーにおすすめです。

おわりに

 今回は、ミドルタワーPCケースのおすすめを、サイドがアクリル・強化ガラスウインドウのものとスチール製のもので分けて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 一昔前のPCケースはネジが多かったり、パーツの干渉があったりなど、使いにくい部分がたくさんありました。しかし、近年の製品はそれが解消されて、しかもレイアウトやエアフロー設計の細かなカスタマイズも可能となっています。上記のランキングを参考に、自分のニーズに合ったミドルタワーPCケースを見つけて、是非こだわりのPCを組み上げてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



トップへ戻る