iPhone 12/12 Pro/12 mini/12 Pro Maxケースおすすめ20選【ソフト/ハード/手帳型】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone12 ケース
iPhone12 ケース
iPhone12 ケース
iPhone12 ケース


 最新のiPhone 12 / 12 Pro / 12 mini / 12 Pro Maxを入手したら、傷をつけないためにケースも入手したいですよね。それにしても、スマホ用のケースは本当にたくさんの種類が販売されているので、機種変をする度にどれにしたらいいのか迷ってしまいます…。

 というわけで今回は、iPhone 12 / 12 Pro / 12 mini / 12 Pro Max用のケースを選ぶ際のチェックポイントを説明しつつ、家電量販店やECサイトで入手できる中からピックアップしたおすすめ製品を紹介していきたいと思います。参考にしてくださいね。

目次

iPhone 12 / 12 Pro / 12 mini / 12 Pro Maxケースの選び方

【Spigen】 iPhone 12 ケース/iPhone 12 Pro ケース 6.1インチ 対応 全面クリア 米軍MIL規格取得 耐衝撃 すり傷防止 ワイヤレス充電対応 アイフォン12 ケース アイフォン12プロケース カバー シュピゲン ウルトラ・ハイブリッド (クリスタル・クリア)
出典:www.amazon.co.jp
 それでは早速、iPhone 12 / 12 Pro / 12 mini / 12 Pro Maxケースを選ぶ際のチェックポイントを見ていきましょう。

ケース素材の特徴(柔軟性など)を理解して選ぶ

【Spigen】 iPhone 12 ケース/iPhone 12 Pro ケース 6.1インチ 対応 TPU 全面クリア 超薄型 超軽量 アイフォン12 ケース アイフォン12プロケース シュピゲンリキッド・クリスタル (クリスタル ・クリア)
出典:www.amazon.co.jp
 スマホ用のケースに採用されている主な素材には、TPUポリカーボネート(PC)強化ガラスなどがあります。

 TPUは「Thermoplastic Polyurethane」の略で、日本語では「熱可塑性ポリウレタン」。「熱可塑性」とあるとおり、一定以上まで加熱すると柔らかくなり、冷えると固まるので、とても成形しやすい素材です。TPU製のケースは薄くて軽く、柔軟性があって衝撃で破損しにくい、傷がつきにくい、といった特徴があります。

 ポリカーボネート(PC)は熱可塑性プラスチックの一種で、やはり成形しやすい素材です。ガラスのような見た目ですが、耐衝撃性は一般的なガラスの250倍以上。ですので、ポリカーボネート(PC)製のケースは耐衝撃性が高くなります。そして、薄くて軽い、熱に強く燃えにくい、といった特徴もあります。

 強化ガラスは、通常のガラスを熱処理してから急激に冷却することで制作します。名称に「強化」とあるとおり、通常のガラスに比べて耐風圧強度が約3.5倍もあります。

 スマホ用のケースとしては、特に柔軟性の違いが使い勝手に影響すると思われますので、そこが製品を選ぶうえでのポイントになるでしょう。なお、ケースのサイドはTPU、背面はポリカーボネート(PC)や強化ガラスというように素材を組み合わせた製品もあります。

ケースに多機能性を求めるなら、手帳型も検討

iPhone 12/12 Proケース 手帳型+液晶ガラスフィルム(2枚セット) KuGi iPhone 12/12 Proフィルム カード入れ 2枚 ストラップ穴付き スタンド機能 保護フィルム マグネット式 Qi充電対応 耐衝撃 高級 PUレザー 気泡ゼロ 自動吸着 iPhone 6.1インチ 2020 カバー 全面保護 ブラック
出典:www.amazon.co.jp
 スマホ用のケースには、本体を包む形状のものだけでなく、手帳型の製品もあります。手帳型のものなら、カードを収納する、スマホのスタンドにする、画面を保護できるなど、機能が豊富。ですので、こうした機能を1つの製品でまとめて享受したいユーザーには、手帳型がおすすめです。

落下時の衝撃を吸収するコーナーの構造をチェック


iPhone 12 ケース クリア TenZon iPhone 12 5G ケース 6.1インチ 透明 ストラップ穴付き Qi充電対応 ソフトTPU製 iPhone 12 カバー クリア 超薄型 軽量 耐衝撃 レンズ保護 滑り止め シンプル
出典:www.amazon.co.jp
 考えたくはないですが、万が一スマホを落としてしまった場合、ほとんどはコーナーから地面に激突します。そのためメーカーでは、ケースのコーナー部分の厚みをアップしたり、クッション構造を採用していたりなど、さまざまな配慮をしています。ですので、製品のコーナー部分がどのような構造になっているのかを確認しましょう。

MIL規格取得の製品なら、より堅牢で安心

MIL規格
出典:www.amazon.co.jp
 「MIL規格(Military Grade、米軍軍事規格)」とは、米軍の物資調達に関するガイドライン。そのうち、耐環境性試験の規格(MIL-STD-810G-516.6)をクリアしたスマホケースには、「米軍MIL規格取得」といった表記がされています。具体的には落下させる、振動・衝撃を与える、高温・低温環境に晒すなどのテストをクリアした製品になります。

 ですので、たとえば建設現場や高所など落下や衝撃等が心配される場所でスマホを使用するユーザーは、MIL規格取得の製品にすると、より安心ですね。

ディスプレイ・レンズ保護の構造を確認

iPhone 12 Pro ケース/iPhone 12 ケース - クリア ソフトケース スマホケース iPhone12Pro / iPhone12 カバー 透明TPU 超薄型 iTTZQ【 滑り止め 衝撃吸収 ストラップホール付き レンズ保護 軽量 Qi急速充電対応】 アイフォン12/ 12 プロ 2020 新型 6.1インチ 適用 透明ケース
出典:www.amazon.co.jp
 スマホで最もデリケートな部分であるディスプレイとレンズ。真っ先に守りたいと思うところではないでしょうか。そのためメーカーでは、ディスプレイとレンズを保護するために、その周辺の縁部分を少し高い構造にしている製品もありますので、この点も要チェックです。

ストラップを付けたいなら、ストラップホールのある製品に

iPhone 12 Pro ケース/iPhone 12 ケース - クリア ソフトケース スマホケース iPhone12Pro / iPhone12 カバー 透明TPU 超薄型 iTTZQ【 滑り止め 衝撃吸収 ストラップホール付き レンズ保護 軽量 Qi急速充電対応】 アイフォン12/ 12 プロ 2020 新型 6.1インチ 適用 透明ケース
出典:www.amazon.co.jp
 落下防止のために、またはアクセサリーとしてスマホにストラップを付けたいユーザーもいますよね。そうしたニーズに対応するために、ストラップホールのある製品もありますので、ここも確認するポイントになります。

厚み・外形寸法・重量を確認

Spigen iPhone XR ケース 
リキッドクリスタル
出典:www.spigen.co.jp
 ケースの厚み・外形寸法・重量はモデルによってそれぞれ異なり、製品によっては(特に堅牢性を謳っている製品は)かなり大きくて重いものもあります。ですので、なるべく薄くて軽いケースが良いのか、それとも、大きくて重くても頑丈なケースが良いのかなど、自分のニーズを明確にして、それに合った製品を選ぶようにしましょう。

iPhone 12 mini / 12 Pro Maxケース おすすめランキング

 iPhone 12 mini / 12 Pro Maxケースのおすすめ製品ランキングは、以下のリンク先で紹介していますので、そちらを見たい場合はクリックしてくださいね。

iPhone 12 Mini ケース - クリア ソフトケース スマホケース iPhone12 Mini カバー 透明TPU 超薄型 iTTZQ【 滑り止め 衝撃吸収 ストラップホール付き レンズ保護 軽量 Qi急速充電対応】 アイフォン12 ミニ 2020 新型 5.4インチ 適用 透明ケースiPhone 12 miniケースおすすめ20選【ソフト/ハード/手帳型 タイプ別】
出典:www.amazon.co.jp
【Spigen】 iPhone 12 Pro Max ケース 6.7インチ 対応 全面 クリア 9H 背面強化ガラス + TPUバンパー 三層構造 米軍MIL規格 耐衝撃 透明カバー 衝撃吸収 四隅滑り止め カメラ保護 Qi充電 ワイヤレス充電 アイフォン12プロマックスケース カバー シュピゲン クォーツ・ハイブリッド (クリスタル・クリア)iPhone 12 Pro Maxケースおすすめ20選【ソフト/ハード/手帳型 タイプ別】
出典:www.amazon.co.jp

【Spigen】 iPhone 12 Pro Max ケース 6.7インチ 対応 新型 背面 クリア TPUソフトケース PCハードバンパー 二重構造 米軍MIL規格 衝撃吸収 ワイヤレス充電 アイフォン12プロマックスケース カバー シュピゲン ネオ・ハイブリッド クリスタル (ブラック)
出典:www.amazon.co.jp

【ソフトケース】iPhone 12 / 12 Pro用 おすすめランキング

 ここからは、iPhone 12 / 12 Pro用ケースのおすすめ製品をランキング形式で発表していきたいと思います(iPhone 12 と 12 Proは外形寸法が同じなので、ケースも同じものが対応します)。

 まずは、TPUを採用したソフトケースを紹介し、その後にポリカーボネート(PC)や強化ガラスなどのハードケース、手帳型のケースと続きます。

 柔軟性のあるTPU製のソフトケースは取り外しが容易なので、いくつかの色違いのケースを着せ替えして使ってみるのも面白いですよ。

※価格は2020年10月20日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:Spigen TPU リキッド・クリスタル

非常にシンプル & スリムなデザインで、保護力も兼ね備えたソフトケース

Spigen TPU リキッド・クリスタル 部位のアップ画像
出典:www.amazon.co.jp
 ケース内側には、極小のドットパターンが施されています。全くのフラットだと、iPhoneとピッタリくっついた部分にグレア現象(端末背面とケースが触れる際に発生するにじみ)が現れてしまいますが、ドットパターンによってこれを防ぐことができます。

 また、ボタン部分の切り抜きにこだわっていて、本体の押しやすさを損なうことなく、操作が可能となっています。

 製品はとてもスリムで、装着したときにiPhoneにプラス3㎜という薄さ。なのですが、コーナーにエアクッションテクノロジーを採用することにより、高い保護力も兼ね備えています。そして、非常にシンプルなデザインなので、iPhoneそのもののスリムさと美しさを損なうことのないケースとなっています。

 紹介しているのはクリスタル・クリアで、他のカラーバリエーションとしてクリスタル・クォーツ、スペース・クリスタル、ローズ・クォーツもあります。

第2位:ESR クリア ソフトケース TPU

高品質TPUを採用、マイクロドットパターンでグレア現象を防止、シンプルでコスパの良い製品

ESR クリア ソフトケース TPU 抜群の透明度
出典:www.amazon.co.jp
 高品質TPUを採用しているため、指紋が付きにくく、黄変もしにくいので、比較的長く使用できるでしょう。ケースの内側にマイクロドットパターンが施されているので、グレア現象を防止してくれます。

 そして、特殊加工による高い透明度を誇り、非常にシンプルなデザインなので、iPhone本来の美しさを際立たせてくれかと思います。

第3位:Spigen 耐衝撃 リキッド・エアー

エアクッションテクノロジーとスパイダーウェブパターンを採用

Spigen 耐衝撃 リキッド・エアー スパイダーウェブパターン
出典:www.amazon.co.jp
 4つのコーナー部分に採用されたエアクッションテクノロジー、ケース内側に刻まれた衝撃を分散するスパイダーウェブパターン(クモの巣状のパターン)によって衝撃を緩和することのできる、堅牢な製品。MIL規格も取得しています。

 またケース背面に刻まれた細かな三角の模様は、傷がついた場合でも目立たないようにしてくれて、かつデザイン的にも悪くないのではないでしょうか。

第4位:Provare TPUケース

極めてシンプル、ストラップホール付き、コスパが非常に高い製品

Provare TPUケース ストラップホール付き
出典:www.amazon.co.jp
 ケースと本体が張り付いてできるグレア現象を防ぐ内側のドットパターン、ストラップホールが付いていること以外は、特筆すべき点のない、極めてシンプルな製品。

 その分、価格的にかなり抑えられているので、「おためし感覚」で気軽に入手できる製品ではないでしょうか。

第5位:Spigen 耐衝撃 ラギッド・アーマー

エアクッションテクノロジーとスパイダーウェブパターンを採用、背面に丸窓

Spigen 耐衝撃 ラギッド・アーマー スパイダーウェブパターン
出典:www.amazon.co.jp
 ケースの4つのコーナー部分に、エアクッションテクノロジーを採用。ケースの内側には、衝撃を分散して緩和するスパイダーウェブパターン(クモの巣状のパターン)が刻まれており、かなりの衝撃でも耐えることが可能。こうした構造によって、堅牢性の証であるMIL規格を取得しています。

 デザイン的には、マットでフラットな背面と、その上下部分に施されたカーボンファイバー・テクスチャーが特徴的。また、背面に丸窓があって、アップルロゴが見えるようになっているのは、アップルユーザーには嬉しいですね。

 ちなみに、製品名にある「ラギッド」の意味は、「でこぼこの、起伏の多い、ごつい、いかつい」などです。

第6位:seninhi TPUソフトケース クリア

コーナーの衝撃耐性が高い製品、ストラップホール付き、高いコスパ

seninhi TPUソフトケース クリア エアクッションテクノロジー
出典:www.amazon.co.jp
 ケースの4つのコーナー部分は、かなり大きい構造。その内部にはエアクッションテクノロジーが採用されているので、強い衝撃にも耐えることが可能です。そしてストラップホールが付いているので、そもそも落下しないように、ストラップを付けることも可能です。

 ケースは「存在感ゼロ」を謳う高透過率の、美しさが際立つスーパークリスタルクリアタイプなので、iPhone本来のカラーを邪魔しません。そして、コスパが抜群です。

 ただし、コーナー部分の構造のために、製品の寸法も大きくなる点は予め考慮しましょう。

第7位:Spigen 二重構造 ネオ・ハイブリッド

MIL規格取得、TPUとポリカーボネート(PC)の二重構造

Spigen 二重構造 ネオ・ハイブリッド スパイダーウェブパターン
出典:www.amazon.co.jp
 TPU製のケースと、ポリカーボネート(PC)製のバンパーを組み合わせた、二重構造の製品(製品名の「ハイブリッド」はここから)。またケースの内側にはスパイダーウェブパターン(クモの巣状のパターン)が刻まれていて、衝撃をより吸収できるようになっています。これらによって高い耐衝撃性能を実現し、MIL規格取得を取得した堅牢な製品です。

 デザイン的には、ヘリンボーンパターンが施された黒のケースと、色の異なるバンパーのツートンカラーがスタイリッシュ。

 紹介しているのはガンメタルで、その他のカラーバリエーションとしてジェット・ブラックがあります。

【ハードケース】iPhone 12 / 12 Pro用 おすすめランキング

 続きまして、ポリカーボネート(PC)や強化ガラスなどを採用したハードケースのおすすめを紹介したいと思います。

※価格は2020年10月20日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:ESR 強化ガラスケース 9H硬度加工 TPUバンパー

背面に9H硬度強化ガラスを採用、サイドはTPUのバンパー

ESR 強化ガラスケース 9H硬度加工 TPUバンパー 強化ガラス
出典:www.amazon.co.jp
 ケース背面に、9H硬度強化ガラスを採用した製品。傷つきにくいだけでなく、透明度が高いので、iPhoneの質感を損なうことなく装着できます。これとTPUソフトバンパーによるハイブリッド構造となっているので、iPhoneを確実に守ってくれますね。

 ストラップホールも付いているので、いろんなアクセサリーを装着して楽しむことも可能です。

第2位:Spigen 耐衝撃 ウルトラ・ハイブリッド

ポリカーボネート(PC)製の背面パネル+TPU製のパンパーの二重構造

Spigen 耐衝撃 ウルトラ・ハイブリッド TPU製バンパー
出典:www.amazon.co.jp
 ポリカーボネート(PC)製の背面パネルに、TPU製のパンパーを組み合わせた二重構造の製品。この構造により、かなり堅牢なケースとなって、MIL規格も取得しています。にもかかわらず、ボリューム感はなく、比較的スリムな印象があるのが好評価です。

 また、パンパーがTPU製なのでグリップが強くなり、「うっかり手を滑らせてiPhoneを落としてしまった」という事態を防げますね。

第3位:Spigen 超耐衝撃 タフ・アーマー

TPUケース+ポリカーボネート(PC)背面パネル+インパクトフォームの三重構造、キックスタンドを装備

Spigen 超耐衝撃 タフ・アーマー 耐衝撃の三重構造
出典:www.amazon.co.jp
 TPUのケースの上からポリカーボネート(PC)製の背面パネルを装着する二層構造(デュアルレイヤー構造)に、内側に追加したインパクトフォームでiPhoneを守るという、三重構造の製品。さらにケースのコーナー部分に採用されたエアクッションテクノロジーによって、かなりの堅牢性を誇っており、MIL規格も取得しています。

 また、背面パネルにはキックスタンドが付いていて、スマホを自立させることが可能。動画鑑賞などをする際には便利ですね。

 ただし、全体としてボリューム感のあるタフネスな印象の外観となっているので、ユーザーを選びそうです。それでも、背面に丸窓があってアップルロゴが見えるようになっていることで、ボリューム感は少し緩和されている感じがします。

第4位:GUDREX 耐衝撃ケース 全面保護

フロントカバー & バックカバーで全面から保護

GUDREX 耐衝撃ケース 全面保護 前カバーと後ろカバー
出典:www.amazon.co.jp
 はめ込み式のフロントカバーとバックカバーの組み合わせにより、iPhoneを全面から保護してくれる製品。MIL規格も取得した、耐衝撃・高耐久のケースです。

 フロントカバーは最先端の3Dラウンドエッジを採用した精密で滑らかな仕上がりで、0.26mmという超極薄なので、何も貼っていないような感じでタッチ操作ができますよ。

第5位:PITAKA Magcase 軍用防弾チョッキ素材 アラミド繊維

アラミド繊維を採用した強度抜群のケース

PITAKA Magcase 軍用防弾チョッキ素材 アラミド繊維 ホルダー使用例
出典:www.amazon.co.jp
 このケースに採用されている素材は100%、アラミド繊維。これは防弾チョッキやスーパーカー、飛行機、宇宙船などでも利用されている素材で、鉄の5倍の強度を持っています。これで作られたケースなのですから、強靭でないはずがありませんね。そして、頑丈なのに全体的にスリムなのが好評価です。見た目的にも、カーボン風の表面が悪くないのではないでしょうか。

 また、ケース背面にはメタルプーレトが入っていて、PITAKA車載ホルダー(下記参照)と組み合わせて使用することが可能。

 ただし、アラミド繊維という素材もあって、価格はやや高めになります。

スマホ ホルダー 「PITAKA 」 360°回転 エアコン 吹き出し口 スタンド 高級 カーボン風 スマホ全機種対応 車載ホルダー マグネット式
1,999円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

第6位:Keallce 半透明ケース マット加工

半透明のケース、マットな質感、独立ボタンを採用

Keallce 半透明ケース マット加工 独立ボタン
出典:www.amazon.co.jp
 完全なクリアや塗装の色ではなく、ブラックが半透明になっている製品。ケースを装着すると、アップルのロゴが透けて見えるのが、なかなか良いですね。そして、表面がマットな仕上げになっていて、心地よいグリップ感があります。

 また、ボタンの部分には独立したパーツを採用し、レッドとブラックの2色のボタンが付属するので、好みに応じて選ぶことができます。

第7位:MQman アルミバンパー ケース メタルフレーム

前後アルミフレームを採用、強化ガラスで前後を保護

MQman アルミバンパー ケース メタルフレーム 強化ガラス 前面・背面アルミフレーム
出典:www.amazon.co.jp
 アルミ製の正面枠と背面枠をマグネットの力でくっつけ、強化ガラス製の前後パネルを挟み込むという製品。アルミ枠がカラーリングされているのがクールで、カッコいい印象ですね。

 ただし、アルミ素材やマグネットを採用していることなどにより、価格はやや高めとなっています。

 紹介しているのはシルバー×シルバーで、その他のカラーバリエーションとしてはレッド×レッド、黒×黒があります。

第8位:iFace 耐衝撃ケース First Class

「くびれ」の曲線が手に馴染む、ポップな製品

iFace 耐衝撃ケース First Class 内面のハニカム構造
出典:www.amazon.co.jp
 中央部分に「くびれ」があり、また厚みもあって持ちやすく、デザイン的にポップな印象の製品となっています。ケースの素材には、背面にポリカーボネート(PC)、サイドにTPUが採用されており、また内側がハニカム構造になっているので、落下時などの衝撃を分散・吸収。これなら、iPhoneをしっかり守ってくれますね。ストラップホールも付いていているので、落下防止やアクセサリーとしてストラップを付けることも可能です。

 紹介しているのはイエローで、その他のカラーバリエーションとしてはエメラルド、オレンジ、グリーン、パープル、ブラック、ベビーピンク、ホットピンク、ホワイト、ミント、レッドがあります。

第9位:エレコム ZEROSHOCK 耐衝撃

ソフト素材とハード素材のダブルレイヤー設計、軽量ながらも強度のあるハニカム構造を採用

エレコム ZEROSHOCK 耐衝撃 ハニカム構造による軽量化と堅牢性
出典:www.amazon.co.jp
 iPhoneを包み込むTUPケースに、ポリカーボネート(PC)製の背面カバーを組み合わせた、ダブルレイヤー設計の製品。コーナーのエアクッションテクノロジーと共に、iPhoneをガッチリ守ってくれそうです。その堅牢性にもかかわらず、背面のケース内側にはハニカム構造を採用したことで、軽量化も実現できています。

 背面カバーは中央部分が側面にもかかっていて、全体にカーボン調のグリップテクスチャが施されているため、手に持ったときに滑りにくくなっています。

 ストラップホールも付いているので、落下防止のためにストラップを併用するとなお良いですね。

【手帳型ケース】iPhone 12 / 12 Pro用 おすすめランキング

 最後に、手帳型ケースのおすすめを紹介したいと思います。

 ディスプレイを保護してくれて、カードなどをいれるポケットが付いていたり、ケースがスタンドになったりなど機能が多い手帳タイプは、何かと便利に使えますよ。

※価格は2020年10月20日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:Caseology 手帳型ケース サフィアーノ

収納ポケットは3つ、シンプルな手帳型

Caseology 手帳型ケース サフィアーノ 収納ポケット スリム
出典:www.amazon.co.jp
 外側の素材は「サフィアーノ」仕上げのPU(ポリウレタン)レザーで、ソフトな肌触りと適度なグリップ感で手に馴染みます。内側の素材はポリカーボネート(PC)で、圧力や衝撃からiPhoneを保護。マグネット式のベルトがついているので、カバーをしっかりと安定して固定してくれます。

 カバー内側には、3つの収納スペースがあり、カードやメモなどを挟むことが可能。背面を折り曲げるとスタンドになるので、動画鑑賞やWeb閲覧などに活躍しそうです。

第2位:FYY 手帳型ケース ストラップ付き

赤のラインがアクセント、ストラップが付属

FYY 手帳型ケース ストラップ付き スタンド機能
出典:www.amazon.co.jp
 外側の手触りの良いPU(ポリウレタン)レザーと、内側の柔軟性のあるTPUで、iPhoneを傷や衝撃からしっかり保護。カバーにはマグネット式のフリップが付いているので、カバーをキチンと固定してくれます。

 カバー内側にはカードポケットが2つあり、定期券やカード、名刺などを収納可能。横置きスタンド機能もあるので、角度を調整して自立させれば、動画の視聴、Webや電子書籍の閲覧などが快適になります。

 デザイン的には、赤のラインがアクセントになっていてクールな印象。ストラップホールもあり、さらにストラップも付属しているので、持ち運びに便利で落下防止にも役立ちます。

 紹介しているのはブラック(赤のライン)で、他のカラーバリエーションとしてネイビー(白×赤のライン)もあります。

第3位:Rssviss 手帳型ケース 高級PUレザー

風合いのある落ち着いた印象の手帳型ケース

Rssviss 手帳型ケース 高級PUレザー 内部のTPUソフトケース
出典:www.amazon.co.jp
 外側には風合いのある合皮レザーを採用。落ち着いたシックな印象の製品となっています。内側には柔軟性のあるTUPを採用し、iPhoneをしっかりホールド。付いているベルトはマグネットタイプのため、カバーを開閉が容易。さらに背面にもマグネットがあるので、カバーを背面に折りたたんだ状態でキープすることも可能です。

 カバー内側にある収納スペースは4つで、カードな名詞などを入れることができます。横置き時にはスタンドにもなり、見やすい角度で置いたまま、Web閲覧やSNSチェックなどの操作が可能です。

 紹介しているのはレトロブラウンで、その他のカラーバリエーションとしてはブラック、レッド、ブラウンがあります。

第4位:SHIELDON 手帳型ケース 本革

厳選した本皮を採用した、高品質の手帳型ケース

SHIELDON 手帳型ケース 本革 内部のTPUソフトケース
出典:www.amazon.co.jp
 厳選した本革を使用した手帳型ケース。本物のレザーの味わいが存分に味わえるよう、シンプルなデザインにしているとのことです。そして、使い込むほどに手に馴染んで風合いが増し、自分だけの個性を楽しむことができるのも、本革の醍醐味ですね。

 機能面としては、カバー内側にポケットが4つあり、横置きスタンドによって自立させることが可能。フラップにはマグネットが内蔵されていて、カバーの開閉がスムーズとなっています。

 紹介しているのはブラックで、他のカラーバリエーションとしてダークパープル、ネイビーブルー、ミッドナイトグリーン、レッド、レッドヴァイオレット、レトロブラウン、ロイヤルブルー、ワインレッドもあります。

おわりに

 今回は、iPhone 12 / 12 Pro用ケースのおすすめをソフト、ハード、手帳型で分けて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 iPhone 12/12 Proは機能だけでなく、ビジュアル的にも優れているので、不注意でキズや汚れが付いてしまうと、ユーザーにとって大変なショックです。上記のランキングを参考にしてiPhone 12ケースを入手し、美しいiPhone 12/12 Proを美しいまま、ずっと使い続けてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



トップへ戻る