ドローンおすすめ12製品【GPS/カメラ搭載モデルも 200g未満 規制対象外】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドローン
ドローン
ドローン
ドローン


 ネットやテレビなどでドローンで撮影した映像をよく見かけるようになりましたが、飛ばしてみたいと考えている人も多いかと思います。ただ「法律的には、どうなの?」「何か規制があるのでは?」と不安を抱いている人も少なくないのではないでしょうか。

 そこで今回は、ドローンに関する法的な規制と購入時にチェックしたいポイントを説明したうえで、ECサイトなどで入手できる中からおすすめの製品をピックアップして紹介したい思います。参考にしてくださいね。

ドローンは「航空法」で規制されている

CELLSTAR ドローン
出典:www.amazon.co.jp
 ドローンについては、改正航空法(2015年12月施行)によって規制されています。この規制は、以下のように機体重量によって内容が少し違っています。

200g以上のドローン(無人航空機)は規制が厳しい

Hubsan ドローンHDカメラ付き ヘッドレスモード FPVリアルタイム 三軸ジンバルマルチコプター H109S X4 PRO
出典:www.amazon.co.jp
 ドローンのうち、本体の重量とバッテリーの重量の合計(バッテリー以外の取外し可能な付属品は除く)が200g以上のものは「無人航空機」に分類されます。この場合は原則として、以下のA~Cの空域は飛行禁止とされており、飛行するには申請をして国土交通大臣の許可を受ける必要があります(違反した場合は、50万円以下の罰金)。

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について
出典:www.mlit.go.jp

A 空港等の周辺
B 150m以上の高さの空域
C 人口集中地区の上空(人口集中地区は、国勢調査の結果によって設定される)

※AとBは、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域のため。Cは、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域のため。具体的な範囲は、こちらを参照。

 200g以上のドローンでも、A~C以外の空域であれば、許可がなくても飛行が可能です(自治体によっては条例で公園などでの飛行を禁止しているところもあるので要確認)。

200g未満のドローン(模型航空機)は「C 人口集中地区の上空」でも許可は不要

GoolRC T36 ドローン 2.4G 4CH 抗衝突 UFO ラジコンドローン 6軸ジャイロ3Dフリップ RCクアドコプター RTF 2 *バッテリー
出典:www.amazon.co.jp
 200g未満のものは「無人航空機」ではなく、「模型航空機」に分類されます(一般的には「トイドローン」や「ホビードローン」とも言います)。こちらの場合でも、上記のAとBは適用されます(従来からの航空法の規制が適用)。しかし、Cは適用されません。つまり、重量200g未満のドローンは人口集中地区の上空でも許可なしで飛行できるということです(自治体によっては条例で公園などでの飛行を禁止しているところもあるので要確認)。

 今回紹介するのは、この「模型航空機」に分類される200g未満のドローンになります。

ドローン(200g未満、模型航空機)の選び方

 ここからは、200g未満で「模型航空機」に分類されるドローンについて、選ぶ際のポイントを見ていきたいと思います。

プロペラガードがあれば壊れにくい

Holy Stone ミニドローン 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ マルチコプター 宙返り ワンキーリターン機能搭載 国内認証済み 日本語説明書付き HS170
出典:www.amazon.co.jp
 3次元で飛び回るドローンの操縦に慣れるまでには、ある程度の時間がかかります。初めのうちは思った以上にスピードが出たり、行ってほしくない方向に飛んでいったりして、室内で練習していると壁や家具に激突したり、墜落するのは当たり前。そんなときでも、プロペラガードが付いていれば、プロペラが折れるのを防いでくれて、かつ壁や家具などへの衝撃も軽減してくれます。なので、安心して飛行させたいなら、プロペラガードが付いている製品が良いでしょう。

撮影したいならカメラ付きモデルに

Holy Stone ドローン HDカメラ付き iPhone&Android生中継可能 高度維持機能 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ Wi-Fiカメラ FPVリアルタイム 国内認証済み モード2 HS200 (レッド)
出典:www.amazon.co.jp
 ドローンの中には、撮影用のカメラを搭載しているものがあります。ですので、ドローンから見える風景などを写真または動画で撮影したいなら、カメラを搭載しているモデルを選びましょう。

カメラ解像度は1080p(フルHD)がスタンダード

 搭載されているカメラの解像度は、200g未満のドローンのほとんどで1080p(フルHD、1920×1080)となっています。これくらいの解像度があれば、十分にキレイな画像が撮影できます。

 ただし、中には720p(HD、1280×720)までしか対応していない製品もあるので、要確認ですよ。

FPVが可能なモデルも

 カメラを搭載しているモデルの多くが、スマホとWi-Fi接続することでFPVが可能です。FPVは「First Person View」の略で、日本語訳だと「一人称視点」。ドローンなどの遠隔操縦機器においては、「送られてくれる映像をリアルタイムで見ながら操縦できる」ということを意味します。FPVを使えばドローンに乗っているような感覚で操縦できて面白いですね。

 また、FPVに5.8GHz帯の電波を使用する製品も。こうした製品は映像送信に、操縦で使う2.4Ghz帯とは別の帯域を用いることで電波干渉をなくし、遅延のない映像のリアルタイム受信が可能となっています。

GPS搭載機なら多彩な飛行が可能・操作できる距離も確認

Potensic ドローン GPS搭載 1080P高度・座標ホバリング 5.0GHz画面伝送 オートリターン フォローミー機能 地図指定位置飛行操作可能距離300M、生中継距離距離100~150M WIFIリアタイム 国内認証済み D50
出典:www.amazon.co.jp

GPSによる多彩な飛行

 グレードの高いドローンになると、GPSユニットを搭載している製品も。GPSがあることによって、以下のような多彩な飛行が可能になります。

高度・座標の総合的な制御による正確なホバリング
地図上で指定したコースの飛行
記憶した座標へのオートリターン(リターンスイッチ押下時、ドローンやプロポのバッテリー残量不足時、電波ロスト時、安全距離外時など)
フォローミーモード(ドローンが一定の距離・高度を保ちながら、スマホのGPSに従って操縦者を追従)

 ですので、こうした多彩な飛行を楽しみたいのなら、少し高価になりますが、GPSユニットを搭載している機種を選びましょう。

操作とFPVが可能な距離をチェック

 GPSユニット搭載機は、ある程度操縦者から離れて飛行することを想定して、操作とFPVの可能な距離が300mや600mなどと比較的長くなっています。ですので、こうした距離も製品を選ぶ際のポイントになります。

機体は重いほうが安定して飛行できる

Redpawz R010 ミニドローン 3.7V 260mAh バッテリー 日本語取扱説明書付き ラジコンヘリコプター クアッドコプター 抗衝突 6軸ジャイロ 小型 (ブラック)
出典:www.amazon.co.jp
Hubsan H502E X4 DESIRE CAM 720P HD カメラ GPS搭載 2.4GHz 4CH 六軸ジャイロ RC ドローン ラジコン クアッドコプター マルチコプター
出典:www.amazon.co.jp
 一口に200g未満のドローンと言っても、軽いものは30gしかなかったり、比較的大きい機体で155gあったりなど、重量はさまざま。そして基本的には、より重い方が風による影響を受けにくくなります。ですので、より安定して飛行させたいのなら機体が重い製品にすると良いですね。

 ちなみに、重量が30g程度のドローンだと、エアコンの風が当たっただけでバランスを崩して墜落することもあるので、より慎重に操作する必要があります。

バッテリーの持続時間と充電時間を確認

GoolRC T47 ドローン 720P Wifi FPV カメラ付き 折り畳み式 ポケットラジコン マルチコプター   RC クアッドコプター 玩具 プレゼント2 *バッテリー 国内認証済み
出典:www.amazon.co.jp
 バッテリーが持続して連続飛行ができる時間は、操作の仕方にもよりますが、短いものだと5分くらいで、長いものだと20分程度の製品もあります。また、予備バッテリーが付属する製品もあるので、この点は要チェックですね。

 充電時間についても、製品によって40分から80分程度と幅があるため、こちらもあわせて確認しておきましょう。

プロポのモード1/モード2を確認(直感的に分かりやすいモード2がおすすめ)

Holy Stone ミニドローン 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ マルチコプター 宙返り ワンキーリターン機能搭載 国内認証済み 日本語説明書付き HS170
出典:www.amazon.co.jp
 プロポ(送信機)の「モード」とは操作方法のことで、1~4があり、現在市販されているドローンで主に採用されているのは1または2です。このうち、モード1は日本のラジコンヘリで主流のモードで、モード2は海外で主流のモードです。

モード1の操縦仕様
左スティック 右スティック



上昇


下降
左旋回 ← → 右旋回 左 ← → 右
モード2の操縦仕様
左スティック 右スティック
上昇


下降



左旋回 ← → 右旋回 左 ← → 右

 ラジコンヘリの操縦に慣れている人や、今後ラジコンヘリも操縦したい人はモード1が良いかと思います。ただしモード1は、前後の動きを左スティック、左右の動きを右スティックというように、前後左右の2次元の動きを左右のスティックで分けて操作することになるので、慣れないと難しいでしょう。

 そうでないのなら、モード2をおすすめします。モード2は、右スティックで前後左右の2次元の動きをまとめて操作できるので、直感的に理解しやすいからです。また、海外製のドローンがモード2を採用していることが多いのも、おすすめする理由のひとつです。

 なお、製品によってはモード1とモード2を切り替え可能なものもあるので、要確認です。

ほとんどのドローンに搭載されている機能
 以下の機能は、最近のほとんどのモデルに搭載されています(ただし、製品によっては省かれている場合もあります)。

6軸ジャイロ……3軸(X軸、Y軸、Z軸)のジャイロセンサー(角速度センサー)と、3軸の加速度センサーを組み合わせた電子部品のユニット。
ワンキー離陸/着陸……キーを押すだけで、離陸と着陸(帰還)ができる。
スピード切り替え……スイッチによって速度(低/中/高速、低/高速)を切り替える。
ヘッドレスモード……ドローンの機首の向きに関係なく、操縦者から見た方向に機体を飛行させる。
ホバリング(高度維持)機能……気圧センサーにより、自動的に高度を維持してホバリングする。
3D宙返り……簡単な操作だけで宙返りをする。

【GPS・カメラ搭載】ドローン おすすめランキング

 それではここから、200g未満で「模型航空機」に分類されるドローンのおすすめ製品を、ランキング形式で紹介していきたいと思います。まずは「GPS・カメラ搭載」の製品を紹介し、その後に「カメラ搭載(GPSなし)」、「GPS・カメラなし」の製品と続きます。

 「GPS・カメラ搭載」のドローンを使って、普段は行けないような場所の景色を撮影してみると、冒険気分を味わえてきっと楽しめますよ。

※価格は2019年6月5日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:Potensic T25

9軸ジャイロセンサー搭載、LEDライト付き、「初心者モード」もアリ

Potensic T25 9軸ジャイロセンサー Potensic T25 スマートLEDライト
Potensic T25 付属品
出典:www.amazon.co.jp
 一般的なドローンは6軸ジャイロ(ジャイロセンサー3軸+加速度センサー3軸)が採用されていますが、この製品には9軸ジャイロ(さらに磁気コンパス3軸)が採用されているのが特徴。この3軸の磁気コンパスによって地磁気を検出し、より正確な方角を割り出すことができます。

 また、プロペラの軸部分にスマートLEDライトが付いているので、辺りが暗くなっても見失いにくくなっているのも嬉しいですね。

 さらに「初心者モード」も搭載。このモードにすると、最大飛行距離は30mまで、高度は30mまでに制限されるので、操縦になれるまではこの「初心者モード」にしておくと安心かもしれません。

 付属のバッテリーは1つのみですが、別売りで予備バッテリーもあります。

Potensic 予備バッテリー T25 GPSドローン対応
2,990円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

第2位:Potensic T18

「初心者モード」搭載でビギナーでも安心

Potensic T18 付属品
出典:www.amazon.co.jp
 前出の第1位「Potensic T25」の下位モデルで、製品デザインの異なる、9軸ジャイロではなく一般的な6軸ジャイロを採用し、スマートLEDライトのない製品。

 それ以外は同スペックで、「初心者モード」(最大飛行距離は30mまで、高度は30mまでに制限)も搭載しています。

 こちらも付属のバッテリーは1つのみですが、別売りで予備バッテリーもあります。

Potensic 予備バッテリー T18 GPSドローン対応
2,990円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

第3位:Holy Stone F181G

プロポに5.8GHz帯FPVモニターが付属、遅延のないリアルタイムな映像が受信可能

Holy Stone F181G 5.8Ghz FPVモニター
出典:www.amazon.co.jp
 この製品は、プロポに5.8GHz帯FPVモニターが付属しているのが大きな特徴。遅延のないリアルタイムの映像を見ながら操作できて、ドローン乗っているような感覚がより楽しめるでしょう。

 ただし、搭載カメラはHD(720p)までの対応に留まります。撮影した映像を大きなモニターで見る場合は、少し不満かもしれません。

第4位:Hubsan H216A X4 DESIRE PRO

GPSとフルHDカメラ搭載、予備バッテリーも付属で、コスパ優秀な製品

Hubsan H216A X4 DESIRE PRO 付属品
出典:www.amazon.co.jp
 GPSとフルHDカメラ搭載のドローンとしては、かなり価格が抑えられた製品。これで予備バッテリーまで付属しているのですから、コスパは優秀ですよね。

 ただし、FPV可能距離と操作可能距離がどちらも50mと、他の製品よりも短くなっているので、自分の近くを飛行させるだけになりますね。用途によっては物足りなさも出てくるかもしれないので、この点を踏まえて選択しましょう。

【カメラ搭載(GPSなし)】ドローン おすすめランキング

 続きまして、「カメラ搭載(GPSなし)」のおすすめ製品を、ランキング形式で紹介していきたいと思います。

 ドローンのカメラを使って身近な風景を上から撮影してみると、普段とは違って見えて面白いのではないでしょうか。

※価格は2019年6月5日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:Holy Stone SHADOW HS160

アームの折り畳みが可能、スマホを傾けて操縦する「チルトモード」対応、予備バッテリーが2つ付属

Holy Stone SHADOW HS160 折りたたみ時
出典:www.amazon.co.jp
 アームは折り畳み式になっているので、小さくすれば持ち運びやすいサイズになり、それを収納するインナーバッグも付属。これなら、運んでいるときに不注意で壊してしまう心配も少なくなりますね。

 操縦方法には、スマホを傾けて操縦する「チルトモード」もあるので、より直感的に操ることができます。スピード調整機能は、操縦レベルに合わせて4段階で細かく切り替えられるので、初心者でも安心。また、LEDライトがカメラのレンズと同じ向きに付いていて、対象を照らせるので、少し暗い場所でも撮影できそうです。

 そして、予備バッテリーが2つも付属しているので、かなり長時間の操縦が楽しめますね。

 ただし、アームは折り畳み式ということもあってか、プロペラガードがないので、衝突・墜落させないよう配慮がより必要になると言えます。

Holy Stone SHADOW HS160 2way コントロール
出典:www.amazon.co.jp

第2位:Potensic A20W

スマホサイズのコンパクトドローン

Potensic A20Wコンパクトサイズ
出典:www.amazon.co.jp
 外形寸法が91×80×31.8㎜という、かなりコンパクトな製品。上の写真のように、スマホと同じくらいのサイズ感で、とっても可愛らしいドローンです。

 操縦方法としては、スマホを傾けて操る「チルトモード」に対応。スピード調節は、高/中/低速の3段階で切り替えができます。機体にLEDライトが付いているので、暗い場所での飛行でも見失いにくいでしょう。

 ただし、搭載カメラの解像度は最大HD(720p)まで。画質が悪いわけではありませんが、抑えられた価格からすると、これくらいになりますよね。

第3位:Holy Stone HS220

折り畳み/展開で飛行できる可変式ドローン

Holy Stone HS220可変式ドローン
出典:www.amazon.co.jp
 最大の特徴は、プロペラ部を折り畳んだ状態でも、展開した状態でも飛行が可能な可変式であること。室内などの狭い空間では折り畳んでコンパクトに飛行し、広い場所では展開させてダイナミックに飛び回るなど、シチュエーションに合わせてトランスフォームさせるのは、けっこう楽しいかもです。

 操縦方法には、スマホを傾けて操る「チルトモード」があって、直感的な操作が可能。4段階で切り替えできるスピード調節機能は、初心者に嬉しいですね。

 ただし、搭載カメラの解像度は最大HD(720p)までに留まります。

第4位:Parrot Mambo Mission (Grabber+Canon+FLYPADコントローラー)

キャノンとグラバーを装着すれば、色んな使い方が可能

Parrot Mambo+Grabber+Canon PF727077 キャノンを発射
出典:www.amazon.co.jp
 付属のCannon(キャノン)は6発のボールを装填して発射できるパーツ(飛距離は2m)。Grabber(グラバー)は、4gまでの物をつかむことができるパーツです。これらを使って、たとえば狙ったモノを撃ち落としたり、モノを掴んで運んだりするゲームをするのも面白いですね。

 また、スマホにアプリ(FreeFlight Mini)をダウンロードすれば、そのアプリからドローンの操縦、フライトセッティングの変更、バッテリー残量とフライト時間のチェックをすることも可能です。

 とても高性能で色んな楽しみ方ができる製品ですが、その分、価格はお高めですね。また、カメラが機体の下部に垂直方向で付いているので、撮影するには飛行角度に配慮が必要になりそうです。

Parrot Mambo+Grabber+Canon PF727077 グラバーで掴む
出典:www.amazon.co.jp

【GPS・カメラなし】ドローン おすすめランキング

 最後に、「GPS・カメラなし」のおすすめ製品を、ランキング形式で紹介していきたいと思います。

 「GPS・カメラなし」のドローンは価格が抑えられていて、とても小型なものもあるので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

※価格は2019年6月5日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:Luxon H36

しっかりしたプロペラガードが付いた、シンプルなミニドローン

Luxon H36 コンパクトサイズ
出典:www.amazon.co.jp
 プロペラの周囲360°を保護する、しっかりしたガードがついた製品。衝突や墜落が怖い初心者でも安心感が持てますね。構造的にはとてもシンプルで扱いやすく、価格的にも抑えられているので、ドローン試してみたい人には最適ではないでしょうか。

 また、機体の下部に赤色のLEDライトが付いているので、暗い所で飛ばすして旋回や宙返りなどをさせると、光が尾を引いて面白いかも。

 ちなみに「もっと長い時間、飛ばしたい!」という人には、予備バッテリーもあります。

Noiposi 五個セット 3.7v 150mah 30c リポ バッテリー+6点マルチ充電器 変換アダプターケーブル五個付き 模型飛行機専用 適用機種:JJRC H36 Eachine E010 NIHUI NH010
2,500円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

第2位:DROCON 901H

折り畳み式でコンパクトに、プロポの中に収納可能

DROCON 901H 折りたたみ時
出典:www.amazon.co.jp
 折り畳み式でのミニドローン。折り畳むことで50×50×27㎜とかなりコンパクトになるので、ポケットやカバンなどに入れて簡単に持ち運ぶことができます。プロポの中にも収納できるのが、便利で良いですね。

 また、機体の正面に白色LEDライト、下部に赤色LEDが付いているので、暗い場所での飛行も楽しめそうです。

第3位:Holy Stone レースドローン BOLT BEE HS150

最高時速は50km/h、レーシングドローン

Holy Stone BOLT BEE HS150 高速飛行
出典:www.amazon.co.jp
 最高時速は50km/hという、本格的なレーシングドローン。それを考慮して、操縦感度はスキルレベルに応じて無段階で変速可能となっています。車のヘッドライトのようなLEDが2つ付いていて、視認性も良好です。

 そして、ドローン本体のバッテリー残量が少なくなると、プロポのLEDで知らせてくれるという、ユーザーと機器に優しい機能も搭載。これなら、より安心してフライトを楽しみことができますね。

第4位:Holy Stone HS170G

プロポのモード1/モード2の切り替えが可能、スマートな機体

Holy Stone HS170G パッケージ 付属品
出典:www.amazon.co.jp
 Holy Stoneの人気機種、HS170のアップグレード版で、気圧センサーによるホバリング(高度維持)機能が追加されて、より操縦しやすくなっているモデル。製品に付属するプロポは、操作方法のモード1/モード2を切り替えが可能。モード1に慣れている人も、これからモード2で始めようとする人のどちらにも対応できます。

 そして、スマートな印象の機体デザインが、なかなかクールで良いのではないでしょうか。

 紹介しているのは上部のラインがブルーのもので、他のカラーバリエーションとしてレッドもあります。

 ちなみに、前モデルのHS170は以下になります。こちらの方が価格が抑えられていますよ。

Holy Stone ミニドローン 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ マルチコプター 宙返り ワンキーリターン機能搭載 国内認証済み 日本語説明書付き HS170 (モード1)
4,680円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

おわりに

 今回は、200g未満で「模型航空機」に分類されるドローンのおすすめを、GPSやカメラの有無で分けて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 ドローンを飛ばすのは楽しいですが、操作をミスすると墜落したり、思わぬ方向に飛んでいったりしますし、人に当たってケガをさせてしまう危険性もあります。なので、フライトの際には周囲を十分に確認し、マナーを守って楽しんでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



トップへ戻る