スマートリモコンおすすめ人気ランキング7選【コスパと機能を比較】2018年

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 いつも手元にあるスマホで、エアコンやオーディオ、TVなどの家電の操作ができるようになるスマートリモコン。これがあれば、いちいちリモコンを探して持ち替える必要がなくなりますし、リモコンが不要になって部屋の中もスッキリします。

 というわけで今回は、スマートリモコンの基本機能などを説明しつつ、購入する際にチェックしたいポイントを踏まえて、現在市販されている中からピックアップしたおすすめ製品を紹介したいと思います。参考にしてくださいね。

スマートリモコンとは

ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
出典:www.amazon.co.jp
 スマートリモコンには、エアコンなどの家電に対応したリモコンと、Wi-Fi機能が搭載されています。そしてWi-Fiによってスマホと接続し、スマホにインストールしたアプリを操作すると、家電が反応して動く、という仕組みになっています。

 また、電源のオン/オフをタイマー設定したり、シーンを設定することによりスケジュール運用も可能となります。「シーン」の設定というのは、たとえば「朝6:00になったら、照明、テレビ、エアコンをオンにする」というように、状況に応じて複数の家電をコントロールする機能です。

スマートリモコンの選び方

Glamo iRemocon WiFi (アイリモコンワイファイ) IRM-03WLA
出典:www.amazon.co.jp
 ここからは、スマートリモコンの選び方を見ていくことにしましょう。

温度などのセンサー機能の有無で選ぶ

Glamo iRemocon WiFi (アイリモコンワイファイ) IRM-03WLA
出典:www.amazon.co.jp
 スマートリモコンには、温度などのセンサーが搭載されていて、それをスマホで表示してエアコンのオンや設定温度の目安にできるものがあります。

 ただし、どの種類のセンサー(温度、湿度、照度など)が搭載されているかは製品によって異なるので、この点を確認しておきましょう。

手がふさがった状態でも操作したいなら、スマートスピーカーに対応可能な製品に

LinkJapan eRemote mini IoTリモコン 家でも外からでもいつでもスマホで自宅の家電を操作 【AmazonAlexa対応製品】 MINI
出典:www.amazon.co.jp
 料理などで手がふさがった状態でも、エアコンやテレビなどを操作したいときってありますよね。そんなニーズを踏まえて、スマートリモコンの中にはスマートスピーカーと接続することで音声コントロールに対応できるものがあります。

 ですので、スマートスピーカーを既に導入している、あるいは今後導入したいと考えている場合は、それと接続できる製品を選んでおくと、使い勝手がさらに良くなりますよ。

外出先から操作できるかを確認

ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
出典:www.amazon.co.jp
 「帰宅する前にエアコンをオンにして、部屋の温度を快適にしておきたい」、あるいは「外出時に、ペットのいる部屋の温度をエアコンで管理したい」といったことも、外出先からの操作に対応したスマートリモコンなら可能。

 ただこの機能は、製品によっては有料オプションだったり、そもそも対応していない場合もあるので、要確認です。

 なお、電気ストーブや電熱器などを遠隔操作すると、火災の原因となることがあるので、絶対にやめましょう。

コンパクトな製品がより良い

LinkJapan eRemote mini IoTリモコン 家でも外からでもいつでもスマホで自宅の家電を操作 【AmazonAlexa対応製品】 MINI
出典:www.amazon.co.jp
 前述のように、スマートリモコンは複数のリモコンの機能をまとめる役割があり、それによって家電それぞれのリモコンをなくして部屋の中をスッキリさせることができます。それなのに、スマートリモコン自体のサイズがあまり大きかったら、導入する意義が半減してしまいますよね。

 また、いくつもの家電を操作するので、それらとの通信が良好にできる場所に置く必要があり、配置の自由度の高さも重要になってきます。

 つまり、スマートリモコンはコンパクトなものが望ましいということ。ですので、部屋の中の家電のレイアウトとスマートリモコンの設置場所を考えて、邪魔にならずに置けるサイズの製品を選びましょう。

スマートリモコンおすすめランキング5選

 それではここから、スマートリモコンのおすすめ製品を紹介していきたいと思います。スマートリモコンを使って、文字どおり“スマート”に家電をコントロールしましょう。

 その後には、関連するスマートグッズも紹介していますので、あわせて見てみてくださいね。

※価格は2018年4月5日時点のものであり、変更されている場合があります。

第1位:ラトックシステム RS-WFIREX3

  • センサー:◯ 温度、湿度、照度
  • スマートスピーカー対応:◯ Amazon EchoなどAmazon Alexa対応スピーカー。登録できるリモコンはテレビ1台、エアコン1台、照明2台まで(2017年12月現在)。今後、Googleアシスタントに対応予定。
  • 外出先からの操作:◯
  • 外形寸法:Φ63.5mm(突起部含む)×H24mm
  • 重量:32g

設置の自由度が高いコンパクト設計、温度・湿度・照度センサー搭載などオールマイティーな製品



出典:www.amazon.co.jp
 直径が63.5mm、高さは24mmというコンパクトな製品。これなら、テレビ台やリビングテーブルの端などにも置けて、配置の自由度がかなり高いですね。そして、シンプルなデザインなので、インテリアを邪魔しません。

 機能的にも充実していて、温度・湿度・照度センサーを搭載し、スマホのアプリ画面で部屋の状況を確認することができます。また、外出先からクラウドサーバーを経由して自宅のWi-Fiルーターと通信し、部屋の家電を操作することもできます(クラウドサーバー利用に伴う課金はなし)。

 またアプリにおいては、よく使う家電のリモコンをまとめたオリジナルリモコンの作成、Wi-Fi経由でのリモコンデータの他のスマホへの受け渡し、素早くアクセスできるウィジェットの作成ができるなど、使いやすさへの十分や配慮がされています。

 コンパクト設計でシンプルデザイン、過不足のないオールマイティーな性能なので、この製品を選んでおけば間違いはないでしょう。

第2位:ラトックシステム REX-WFIREX2

  • センサー:温度、湿度、照度
  • スマートスピーカー対応:◯(Amazon EchoなどAmazon Alexa対応スピーカー。今後、順次各種スマートスピーカーに対応予定)
  • 外出先からの操作:◯
  • 外形寸法:Φ104mm(突起部含む)×H42mm
  • 重量:約110g

サイズはやや大きめ、温度・湿度・照度センサー搭載などオールマイティーな製品


出典:www.amazon.co.jp
 前出の第1位「ラトックシステム RS-WFIREX3」の前モデル。搭載されている機能は同じなので、同様の使い方ができます。

 ただし、こちらは直径が104mm、高さは42mmと、二回りくらいサイズが大きくなります。また、白と黒のツートンカラーで、天面の丸い穴(照度センサー)のあるデザインもあって、存在感はそれなりに…。部屋のインテリアと雰囲気が合うのなら、前モデルで価格が多少抑えられていますし、選んでも良いのではないでしょうか。

第3位:リンクジャパン eRemote mini

  • センサー:-(別売り)
  • スマートスピーカー対応:◯(Amazon EchoなどAmazon Alexa対応スピーカー。現在、照明パネルのみ対応。今後、他家電も対応予定。
  • 外出先からの操作:◯
  • 外形寸法:Φ53×H65mm
  • 重量:75g

直径53mmの手のひらサイズ、別売りのセンサーで温度・湿度・照度・音・空気質に対応



出典:www.amazon.co.jp
 直径は53mm、高さ65mmで、手のひらサイズのコンパクトな製品。丸みを帯びたデザインが可愛らしい印象で、製品自体のインテリア性が高いのではないでしょうか。

 ただし、温度などのセンサーは搭載されていません(センサーに対応するには、別売りの「eSensor」を導入する必要があります)。

 なので、「とりあえず、家電のコントロールができればOK。必要になれば、後からセンサーを追加する」という考え方で、また製品のデザインを評価して、選ぶと良いのではないでしょうか。

 ちにみに、別売りの「eSensor」は以下になります。

LinkJapan eSensor イーセンサー A-1
8,636円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

第4位:リンクジャパン eRemote

  • センサー:温度(別売りのセンサーで湿度・照度・音・空気質にも対応)
  • スマートスピーカー対応:◯(Amazon EchoなどAmazon Alexa対応スピーカー。現在、照明パネルのみ対応。今後、他家電も対応予定。
  • 外出先からの操作:◯
  • 外形寸法:W113×D113×H34mm
  • 重量:130g

オリジナリティのある三角錐デザイン、温度センサー搭載、別売りセンサーで湿度・照度・音・空気質にも対応、ACアダプターが付属



出典:www.amazon.co.jp
 パット見でわかる特徴が、このデザイン。光沢のあるブラックで、少し丸みを帯びた三角錐の形状には、オリジナリティがありますね。モノトーンを基本としたシックなインテリアに合いそう。ただ、サイズがW113×D113×H34mmとやや大きめです。

 機能的には、温度センサーが搭載されていて、スマホのアプリから室内の温度を確認することが可能。また、別売りの「eSensor」と接続すれば、湿度・照度・音・空気質センサーに対応することもできます。

 それから、他の製品では電源用としてUSBケーブルのみ付属しているものが多いのですが、この製品にはACアダプターが付属しているので、導入してから稼働までのハードルが低いと言えます。

 ただ、この製品と別売りセンサーを設置すると、それなりのスペースを占めるので、予め設置場所を考えておいた良いでしょう。

 ちにみに、別売りの「eSensor」は以下になります。

LinkJapan eSensor イーセンサー A-1
8,636円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

第5位:ORVIBO Magic Cube CT-10

  • センサー:-
  • スマートスピーカー対応:◯(Amazon EchoなどAmazon Alexa対応スピーカー。今後、Googleアシスタントに対応予定)
  • 外出先からの操作:◯
  • 外形寸法:W53×D54mm×H24mm
  • 重量:103g

コンパクトでシンプル、スタイリッシュなキューブ型デザイン



出典:www.amazon.co.jp
 「デザインポリシーは“美しくスマート”であること」というORVIBOによる、スマートリモコン。そのポリシーのとおり、シンプルでスタイリッシュなキューブ型デザインが目を引く製品ですね。ちなみにこのデザイン、ドイツiFデザインアワード2017、台湾ゴールデンピンデザインアワード2016を受賞しています。

 機能的には、同社が提供する統合スマートホームアプリ「HomeMate」により、シリーズ製品をまとめて管理・コントロール可能ということが魅力のひとつ。シリーズ製品とは、下記のWi-Fiスマートカメラ、Wi-Fiスマートプラグで、やはり洗練されたデザインですね。

 ただし、温度などのセンサーは搭載されていないので、「センサー機能は必要ない」というユーザーにのみ対応します。

ORVIBOスマートホームシリーズのWi-Fiスマートカメラ SC-10。HomeMateアプリで大切な場所を遠隔監視。人感・サウンドセンサー、双方向音声通話、動画記録対応。
5,980円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

[orvibo] Wifiスマートプラグ スマートコンセント スマートソケット ワイヤレス リモートコントロール 電気スイッチ 電源管理コンセント どこからでも家庭内の機器を遠隔操作 Alexa (アレクサ) 対応 (GREY)
3,268円(税込)

出典:www.amazon.co.jp

第6位:URANT Smart Control

  • センサー:-
  • スマートスピーカー対応:-
  • 外出先からの操作:◯
  • 外形寸法:W116mm×D118.1×H70.1mm
  • 重量:190g

赤外線リモコンだけでなく、RFリモコンにも対応した貴重な製品


出典:www.amazon.co.jp
 現在、普及しているリモコンは「赤外線(IR)」のものが主流ですが、これはかなり古くからある方式で通信速度が遅いため、最新家電のマルチメニューやマルチファンクションへの対応が難しくなっています。そこで登場したのが、高周波(RF)電波を用いる「RFリモコン」。こちらは、赤外線よりも通信速度が速く、障害物があっても届きやすい、という特徴があります。最近では、家電でもRFリモコンを採用するものが増えてきています。

 そして、紹介している「URANT Smart Control」は、赤外線リモコンはもちろん、RFリモコンにも対応しているという貴重な製品。RFリモコン対応の家電を持っているユーザーには、気になる製品ではないでしょうか。

 ただし、温度などのセンサーは非搭載で、スマートスピーカーにも非対応。なので、これらの機能よりも、RFリモコン対応家電のコントロールを優先するユーザー向けの製品と言えます。

第7位:グラモ iRemocon WiFi

  • センサー:温度、湿度、照度
  • スマートスピーカー対応:◯(有料オプション、Amazon EchoなどAmazon Alexa対応スピーカー)
  • 外出先からの操作:◯(有料オプション)
  • 外形寸法:Φ105mm×H37mm(最大突起部含む)
  • 重量:約130g(バックカーバを含む)

音声認識対応、GPS連動機能を搭載、温度・湿度・照度を環境マップに表示など、多機能な製品


出典:i-remocon.com
 この製品の大きな特徴のひとつは、別途スマートスピーカーがなくても(この製品単独で)音声認識に対応していること(スマートスピーカーとの連携も可能)。また、GPS連動機能を搭載していて、連動するスマホが設定エリアから出たり入ったりするのに応じて家電のオン/オフなどをコントロールすることができます(例:自宅の最寄り駅に着いたら自宅のエアコンをオンにする、など)。

 搭載されているセンサーは温度・湿度・照度に対応し、それを「環境マップ」としてスマホのアプリで表示することが可能です。

 さらに、この製品をアクセスポイントとしてWi-Fiを経由するリピーター機能、有線LAN機器を無線化するコンバーター機能にも対応(LAN端子×2を搭載)。部屋の隅などにある家電には、オプションの赤外線LEDケーブル(1つまで増設可能)によって対応することもできます。

 電源は、USBケーブルのみ付属の製品が多い中、この製品はACアダプターを採用しているので、コンセントに挿すだけで稼働させることが可能です。

 ただし、外出先からの操作、音声認識、GPS、スマートスピーカーとの連携を利用するには、アプリ内で課金手続きをする必要があります。そして、こうした多機能・高性能であるために、価格はだいぶ高いですね…。上記のような機能を使いこなせる、上級者向けの製品と言えるでしょう。

おわりに

 今回は、スマートリモコンのおすすめを7製品紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 エアコンなどを操作する際に、左手にスマホ、右手にリモコンを持っている状況で「どうして似たようなものを両手に持っているの?」と不思議に思ったら、スマートリモコンの買い時です。上記のランキングを参考にしてスマートリモコンを導入し、是非“スマートな暮らし”を実現させてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



トップへ戻る